北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道241号線(下り線) National Highway Route 241
国道241号線は、道東の内陸、弟子屈を起点として、途中、阿寒、足寄、士幌を経由し、国道38号線沿いの帯広まで 繋がっている国道です。
阿寒湖や足寄湖、糠平湖、然別湖など道東の内陸の観光名所を経由する国道で、シーズン問わず多くの観光客が利用します。
足寄では、道東を南北に縦断する国道242号線と東西を横断する国道241号線が交差し、交通の要所となっています。 道東の観光地の一つである阿寒湖に帯広方面から向かう際には、便利な国道となっており、交通量も比較的多めになっています。
車窓には、道東らしい広大な景色が広がり、農村のゆったりとした時間を過ごすことができます。 直線区間が多く、見通しも良いため、スピードが出しやすくなるため、注意が必要です。
■総延長距離:162.5km
■起点:弟子屈町
■終点:帯広市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道241号線 起点≪弟子屈町≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道243号線 根室方面
← 国道391号線 釧路方面
国道241号線 帯広方面 国道243号線 美幌方面 →
国道391号線 小清水方面 →
摩周駅で有名な弟子屈町を起点として国道241号線は西へ向かいます。 起点は国道243号線、国道391号線の重複区間の途中から分岐します。 約1キロ走行すると道の駅です。
1km
道の駅 「摩周温泉」
1
路線名国道241号線 起点より1km付近
所在地弟子屈町湯の島
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
少しずつ市街地を離れ山の中に入っていきます。 農村地帯を走ります。 約3キロでパーキングエリアです。
3km
待避帯
2
路線名国道241号線 起点より4km付近
所在地弟子屈町鐺別
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
直線道路が続きます。 スピードが出やすくなるため、走行には注意が必要です。 約6キロでパーキングエリアです。
6km
パーキングエリア
3
路線名国道241号線 起点より10km付近
所在地弟子屈町奥春別
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約14キロパーキングエリアはありません。 弟子屈町から釧路市阿寒町に入ります。 この先は阿寒湖に向かって走ります。 山道に入り、勾配も険しくなります。
14km
パーキングエリア
4
路線名国道241号線 起点より24km付近
所在地釧路市阿寒町
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
この辺りでは、かつての阿寒湖から堰き止められてできた湖、パンケトゥ、ペンケトゥを眺めることができる 展望台があります。険しい山道の中で眺める絶景です。
3km
パーキングエリア
5
路線名国道241号線 起点より27km付近
所在地釧路市阿寒町
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
山道は下りに入ります。 登りと同じく、険しい下り坂です。 国道240号線と合流しますが、その手前にパーキングエリアがあります。
7km
パーキングエリア
6
路線名国道241号線 起点より34km付近
所在地釧路市阿寒町
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで国道240号線と合流します。 そして、阿寒湖に到着します。
1km
分岐点 起点より35km付近
← 国道240号線 釧路方面 国道241号線 帯広方面 →
国道240号線 美幌方面 →
国道240号線と重複して走行します。 約1キロ走行するとパーキングエリアです。 ここは紅葉で有名なスポット滝見橋です。
1km
パーキングエリア
7
路線名国道241号線 起点より36km付近
所在地釧路市阿寒町
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
阿寒湖温泉街を通過します。 観光の車など交通量は多くなります。 阿寒湖温泉街には、ガソリンスタンドなどもあります。 是非観光していくことをお勧めします。
9km
パーキングエリア
8
路線名国道241号線 起点より46km付近
所在地釧路市阿寒町
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで国道240号線との分岐点に到着します。 信号機のない交差点のため、走行には注意が必要です。 国道240号線を北上すると津別、美幌方面へ向かいます。
1km
分岐点 起点より47km付近
← 国道241号線 帯広方面 国道240号線 美幌方面
再び国道241号線単独区間に入ります。 この先、足寄方面へ向かうことになります。 足寄峠を越えて十勝支庁管内の足寄町に入ります。
7km
待避帯
9
路線名国道241号線 起点より54km付近
所在地足寄町茂足寄
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
山道を越えて再び、長い直線区間が続くようになります。 十勝地方らしく酪農が盛んな地域です。
6km
パーキングエリア
10
路線名国道241号線 起点より60km付近
所在地足寄町茂足寄
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
次のパーキングエリアまで約13キロです。 のどかな景色が車窓に広がります。
13km
待避帯
11
路線名国道241号線 起点より73km付近
所在地足寄町上足寄
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
約14キロ走行すると次のパーキングエリアです。
14km
待避帯
12
路線名国道241号線 起点より87km付近
所在地足寄町中足寄
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
間もなく足寄市街地が見えてきます。 国道242号線と合流地点が足寄の市街地中心部です。
8km
分岐点 起点より95km付近
← 国道241号線 帯広方面
← 国道242号線 池田方面
国道242号線 湧別方面 →
旧国鉄池北線、ちほく高原鉄道の足寄駅が道の駅になっています。
0km
道の駅 「あしょろ銀河ホール21」
13
路線名国道241号線 起点より95km付近
所在地足寄町
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロにわたって国道242号線と重複します。 そして足寄市街地を抜ける頃、国道241号線は左側に分岐します。 分岐後は国道274号線と重複区間になります。
1km
分岐点 起点より96km付近
国道242号線 池田方面
国道274号線 標茶方面
国道241号線 帯広方面 →
国道274号線 札幌方面 →
この先国道241号線は、国道274号線と重複します。 足寄湖に向かって、国道は登り区間になります。
8km
パーキングエリア
14
路線名国道241号線 起点より104km付近
所在地足寄町中矢
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで道の駅です。 足寄湖を一望できる場所にあります。
1km
道の駅 「足寄湖」
15
路線名国道241号線 起点より105km付近
所在地足寄町中矢
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
大平原の中を西に向かって走ります。 約5キロで次のパーキングエリアです。
5km
パーキングエリア
16
路線名国道241号線 起点より110km付近
所在地足寄町芽登
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
直線区間が多く走りやすい国道です。 スピードに注意が必要です。 足寄町を抜けて上士幌町に入ります。
3km
待避帯
17
路線名国道241号線 起点より113km付近
所在地上士幌町居辺
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約12キロ走行すると国道273号線と分岐します。 国道273号線は、上士幌を起点として、三国峠、浮島峠を越え、オホーツク海側の紋別までの国道です。
12km
分岐点 起点より125km付近
国道241号線 帯広方面
国道274号線 札幌方面
国道273号線 紋別方面 →
上士幌の大自然の中を走ります。 上士幌町から士幌町へと変わります。 約2キロで次のパーキングエリアです。
2km
待避帯
18
路線名国道241号線 起点より127km付近
所在地士幌町士幌
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
長く続いた国道274号線との重複区間でしたが、士幌町で分岐となります。 国道274号線は、更に西へと向かい、清水へと向かいます。 国道241号線は南下し、帯広へ向かいます。
5km
分岐点 起点より132km付近
国道241号線 帯広方面 国道274号線 札幌方面 →
再び国道241号線は単独区間へと入ります。 この先、帯広まで重複区間はありません。 約2キロで道の駅です。
2km
道の駅 「ピア21しほろ」
19
路線名国道241号線 起点より134km付近
所在地士幌町士幌
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
広大な畑が左右どちらの車窓にも広がります。 北海道らしい雄大な景色を堪能することができます。 士幌町を抜け、音更町に入ります。 約14キロ走行で、次のパーキングエリアです。
14km
待避帯
20
路線名国道241号線 起点より148km付近
所在地音更町東和西
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約2キロで国道241号線バイパスと分岐します。 直進すると国道241号線バイパスに入り、道東自動車道音更帯広ICへと向かい国道38号線と合流します。 旧道を走行すると音更の市街地を走り、帯広の中心街へ抜けます。
2km
分岐点 起点より150km付近
← 国道241号線 帯広方面
(国道241号線バイパス)
国道241号線 帯広方面
音更の市街地に入ります。 郊外型の店舗が軒を並べています。 次第に交通量も多くなり、場所によっては渋滞も発生します。 約5キロで道の駅です。
5km
道の駅 「おとふけ」
21
路線名国道241号線 起点より155km付近
所在地音更町木野
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
十勝川を渡る十勝大橋を越えると帯広市に入ります。 そしてすぐに国道38号線と合流します。 直進すると国道236号線となり、広尾方面へと向かいます。
7km
分岐点 起点より162km付近
← 国道38号線 釧路方面 国道236号線 広尾方面 国道38号線 滝川方面 →
国道241号線 終点≪帯広市≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加