北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道272号線(下り線) National Highway Route 272
通称ミルクロードと呼ばれている国道272号線。 酪農盛んな沿線の町から釧路へ牛乳を運ぶためのトラックが頻繁に走る事から その名前が付けられています。
釧路市からは一部国道44号線と重複区間となっています。 釧路を出発して一部は山間部を通過しますが、その他の区間は平坦な道が続き走りやすい国道です。 標茶町から中標津町にかけての区間は、二車線に整備された場所が多く、国道243号線ととの交差は、 立体交差になっています。 北海道らしい大自然を満喫できるドライブコースです。
■総延長距離:111.4km
■起点:釧路市
■終点:標津町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道272号線 起点≪釧路市≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道44号線 釧路方面 国道272号線 標津方面 国道44号線 根室方面 →
国道44号線から分岐してしばらくは山間部を走ります。 両側を林に囲まれた区間です。釧路市から標茶町に入ります。 交通量が多いため、走行には注意が必要です。 約18キロ付近にゆずり車線があります。
21km
分離帯付待避帯
1
路線名国道272号線 起点より21km付近
所在地標茶町塘路
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
再び林の中を走ります。 直線区間が増えてきます。 スピードに注意が必要です。
14km
分離帯付待避帯
2
路線名国道272号線 起点より35km付近
所在地標茶町チャンベツ
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
このあたりから別寒牛湿原です。 一面、湿原が広がる区間を走ります。 北海道らしい景色を楽しめる場所です。
5km
分離帯付待避帯
3
路線名国道272号線 起点より40km付近
所在地標茶町中チャンベツ原野
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
高規格区間が続きます。 約47キロ、52キロ、57キロ付近にゆずり車線があり、ぞれぞれ二車線になります。 交差する道道などはすべて立体交差になっています。 そして国道243号線と原野の中で交差します。 これも立体交差になっています。従って、国道243号線両方向とも左側から分岐します。
18km
分岐点 起点より58km付近
← 国道243号線 美幌方面
← 国道243号線 根室方面
国道272号線 標津方面
原野区間は続きます。 約63キロ付近にオービスがあります。 中標津町に入り市街地を通過します。 中標津町の外れ、東経145度のラインにパーキングエリアがあります。 ここにはトイレなどが設置してあります。
26km
パーキングエリア
4
路線名国道272号線 起点より84km付近
所在地中標津町旭ヶ丘
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
進路を東に変えます。 この先旧国鉄標津線に並走して走る区間です。
5km
待避帯
5
路線名国道272号線 起点より89km付近
所在地中標津町俵橋
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
1キロ先にもう一つ小さなパーキングエリアがあります。
1km
待避帯
6
路線名国道272号線 起点より90km付近
所在地中標津町俵橋
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
広々とした原野の中を走行します。中標津町から標津町に入ります。 次のパーキングは展望台にもなっているパーキングエリアです。 標高は高くありませんが、見渡せる絶景が楽しめます。
3km
パーキングエリア≪第一しべつ展望パーキング≫
7
路線名国道272号線 起点より93km付近
所在地標津町茶志骨
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
直線区間が続きますが、周囲を林に囲まれています。 見通しは悪くありません。 約7キロで標津市街地に到着です。 ここで国道244号線と合流し国道272号線は終点です。
7km
分岐点 起点より100km付近
← 国道244号線 網走方面 国道244号線 根室方面 →
国道272号線 終点≪標津町≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加