北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道273号線(下り線) National Highway Route 273
国道273号線は、車窓の景色見所満載の国道です。
帯広を起点として、上川町を経由し、滝上町、紋別市まで繋がっている国道273号線は、道東の 広々とした風景から、北海道の屋根と言われる大雪山系の山間を縫い、道北の拠点である紋別まで 車窓に様々な景色を映し出してくれます。
特に山間の景色は、国道273号線ならではの絶景です。大雪山系の中心を貫く峠は二カ所あります。 三国峠は、北海道で最も標高の高い峠で1,150メートルあります。もう一つの浮島峠は、標高こそ 620メートルで高くはありませんが、山頂に浮島がある珍しい場所です。トンネルで貫いて しまっていますが、これも北海道の観光地の一つです。 途中上川町で重複している国道39号線との重複区間には、銀河の滝や層雲峡など、大雪山系の 観光地を通過します。 滝上や紋別では、芝ざくらが有名な場所です。 まるごと北海道を楽しめるドライブコースとしてお勧めです。

※ここでは国道273号線の0キロポストが設置してある上士幌町を起点として紹介しています。
■総延長距離:235.9km
■起点:帯広市
■終点:紋別市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道273号線 起点≪上士幌町≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道241号線 帯広方面
← 国道274号線 札幌方面
国道273号線 紋別方面 国道241号線 弟子屈方面 →
国道274号線 標茶方面 →
国道241号線と国道274号線の重複区間にある上士幌町から国道273号線は北へ向かってスタートします。 車窓の前方には、大雪山系の山々がそびえ立っており、絶景です。ひたすらまっすぐ北へ向かいます。 途中オービスがありますので注意が必要です。 約17キロ、山へ向かって勾配が始まるころにパーキングエリアがあります。
17km
待避帯
1
路線名国道273号線 起点より17km付近
所在地上士幌町黒石平
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
最初の観光地である糠平湖を車窓右手に見ながら勾配を昇っていきます。 糠平温泉の途中にパーキングエリアがあります。
9km
パーキングエリア
2
路線名国道273号線 起点より26km付近
所在地上士幌町ぬかびら温泉郷
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
この先いくつかのパーキングエリアが連続します。 いずれも糠平湖の景色を見ることのできるパーキングエリアです。 国道から少し森に入ったところに展望台があるため、パーキングエリアに駐車して 観光することになります。
3km
待避帯
3
路線名国道273号線 起点より29km付近
所在地上士幌町ぬかびら温泉郷
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
山奥深くにある糠平湖は周囲を高い山々に囲まれており、自然豊かな湖です。 国鉄旧士幌線がかつて走っており、その名残である鉄橋がところどころに残されています。 これも北海道遺産としてずっと残り続けてほしいと思います。
1km
待避帯
4
路線名国道273号線 起点より30km付近
所在地上士幌町ぬかびら温泉郷
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
カーブもありますが、直線が長く走りやすくなっています。 冬期間は、吹雪で見通しが悪くなることも多いのですが、夏は快適なドライブが楽しめます。 国道の周りの木々が出すマイナスイオンは、気分をリラックスさせてくれます。
2km
パーキングエリア
5
路線名国道273号線 起点より32km付近
所在地上士幌町ぬかびら温泉郷
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
糠平湖を過ぎると更に標高を上げていきます。 目の前にある大雪山系の山々が視界に大きくなっていき、更に左右にも取り囲むように大雪山系の山々が そびえ立っています。北海道の屋根に向かって走ります。 次のパーキングエリアはトイレも設置しています。旧国鉄士幌線の駅舎を利用したパーキングエリアです。
3km
パーキングエリア
6
路線名国道273号線 起点より35km付近
所在地上士幌町幌加
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
いよいよ本格的に峠へ向かっての登り坂になります。 通行車両はそんなに多くないので走行は快適です。 辺りの景色は青々とした木々から白樺の林へと変わっていきます。
6km
パーキングエリア
7
路線名国道273号線 起点より41km付近
所在地上士幌町幌加
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
三国峠は、上川支庁、網走支庁、十勝支庁を隔てる境にある事からその名になっていますが、実際には、網走支庁との 境は三国峠のやや東に位置しています。
3km
パーキングエリア
8
路線名国道273号線 起点より44km付近
所在地上士幌町幌加
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
道路わきに標高を示す看板が登場します。 700メートル、800メートル、900メートルと勢いよく昇っていきます。 1,000メートルを超えると間もなく三国峠の山頂です。 山頂付近では、大きな橋梁が架かっており三国峠の景色を一望できる景色が360度パノラマで広がります。 更に標高を上げ、その景色は車窓の左右から楽しむことができます。 山頂付近に三国峠パーキングエリアがあります。
11km
パーキングエリア
9
路線名国道273号線 起点より55km付近
所在地上士幌町幌加
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
三国トンネルを越え山頂を通過します。ここからは上川町です。 景色は一般し、今度は360度山に囲まれた区間を通過します。 小川と並走し、右へ左へとカーブを曲がりながら下っていきます。 標高が高い三国峠は、10月には雪が降り、5月まで残ります。
5km
パーキングエリア
10
路線名国道273号線 起点より60km付近
所在地上川町層雲峡
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
次の観光名所は大雪湖です。 北海道の母なる川です石狩川をせき止めて作った大雪湖は人造湖ですが、山間に位置するため、四方を高い山に囲まれ 神秘的な湖です。雪解け水が多くなる6月頃が一番水量が多く見頃です。
9km
待避帯
11
路線名国道273号線 起点より69km付近
所在地上川町層雲峡
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
大雪湖の西側を縫うように走ります。車窓の右側には常に大雪湖を見ることができます。 しかし、カーブがきつく勾配もあるため、走行には注意が必要です。 約5キロでパーキングエリアです。ここにはトイレも設置しています。
5km
パーキングエリア
12
路線名国道273号線 起点より74km付近
所在地上川町層雲峡
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
大雪トンネルを抜けると大雪湖を跨ぐ橋梁です。絶景が広がります。そして 魔の前の山間に国道39号線が見えてきます。 橋梁を渡り終えると国道39号線と山の中で合流します。 信号のない交差点なので走行に注意が必要です。
2km
分岐点 起点より76km付近
← 国道39号線 旭川方面
← 国道273号線 紋別方面
国道39号線 網走方面 →
国道39号線と上川町まで重複区間となります。 約2キロでパーキングエリアです。 この辺りは層雲峡の観光地で多くの観光客が一年を通して訪れます。
2km
パーキングエリア
13
路線名国道273号線 起点より80km付近
所在地上川町層雲峡
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
国道39号線の長大トンネル銀河トンネルを越えると層雲峡です。 かつて国道39号線は渓谷の中を走る国道でしたが、土砂崩れなどにより長大トンネルで貫かれることになりました。 走りやすくなりましたが、綺麗な景色を車窓から見ることはできなくなりました。
9km
パーキングエリア
14
路線名国道273号線 起点より89km付近
所在地上川町層雲峡
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
層雲峡温泉街を過ぎると更に下っていきます。 この辺は、紅葉の綺麗な場所で、秋には、路肩に停車して紅葉を撮影する姿が見かけられます。 覆道を何か所もくぐる渓谷の中を走ります。
1km
待避帯
15
路線名国道273号線 起点より90km付近
所在地上川町層雲峡
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
数キロおきにいくつかのパーキングエリアが連続しています。
1km
待避帯
16
路線名国道273号線 起点より91km付近
所在地上川町層雲峡
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
渓谷の区間を抜けるとひた山の中を走ります。 後ろには大雪山系がそびえ立っています。
4km
パーキングエリア
17
路線名国道273号線 起点より95km付近
所在地上川町清川
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約13キロ走行すると上川町です。国道273号線と分岐します。 国道273号線は、浮島峠を越えて、紋別間で繋がっています。 旭川紋別自動車道ともここで合流します。 しばらく別れていたJR石北本線も上川で再び合流です。
13km
分岐点 起点より108km付近
国道39号線 旭川方面 国道273号線 紋別方面 →
再び国道273号線単独区間となります。 ここからは旭川紋別自動車道とJR石北本線と並走します。 上川まで一度下った山も、再度北見峠方面へと向かうため上り坂になります。 自然豊かな山の中を走ります。
8km
待避帯
18
路線名国道273号線 起点より116km付近
所在地上川町日東
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
並走するJR石北本線にもかつてはこの辺りに駅がありました。 しかし、過疎化が進み周辺に住む人がいなくなり、ついには廃駅となったのです。 上川から北見峠を越えた上白滝駅まで駅がないため、駅間距離は35キロを越える長いものとなっています。
3km
パーキングエリア
19
路線名国道273号線 起点より119km付近
所在地上川町中越
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
中越を過ぎたあたりから勾配がきつくなります。そしてカーブも多くなります。 並走する旭川紋別自動車道は長大トンネルでこの区間を貫いています。 浮島峠の入り口付近で国道333号線と分岐します。同じ場所に旭川紋別自動車道の浮島ICもあります。
6km
分岐点 起点より125km付近
国道273号線 紋別方面 国道333号線 北見方面 →
JR石北本線、旭川紋別自動車道、国道333号線は北見峠を越えて道東へ向かいます。 国道273号線は北上し、浮島峠を越えていきます。
18km
待避帯
20
路線名国道273号線 起点より143km付近
所在地上川町上越
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
浮島峠は、観光名所の一つです。 標高が高い場所で、全面が湿原になっている珍しい場所で、湿原に小さな島が浮いています。 そこから浮島と名付けられています。峠はトンネルで貫いていますが、頂上へ迂回する道路があり、 浮島湿原に行くことができます。
2km
待避帯
21
路線名国道273号線 起点より145km付近
所在地上川町上越
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
浮島トンネルを抜け、上川町から滝上町に入ります。 ここからは下り坂です。 直線区間が長く走りやすいですが、鹿などの動物が出没することも多く、注意が必要です。
4km
待避帯
22
路線名国道273号線 起点より149km付近
所在地滝上町滝ノ上原野
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
原野の中を走ります。 木々が茂っているため、晴れている日は木漏れ日が美しく光っています。
6km
パーキングエリア
23
路線名国道273号線 起点より119km付近
所在地滝上町滝ノ上原野
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を下りると見晴らしいの良い場所の中を走ります。 どこまでも続く北海道らしい景色が広がります。 滝上町を過ぎた辺りに道の駅があります。
30km
道の駅 「香りの里たきのうえ」
24
路線名国道273号線 起点より185km付近
所在地滝上町旭町
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
滝上から終点紋別までは、原野の中を走ります。 ここにパーキングエリアはありません。 途中、渚骨から紋別はかつての旧国鉄渚骨線が走っていた場所です。 ところどころに旧駅舎が残っています。
34km
分岐点 起点より219km付近
← 国道238号線 稚内方面 国道238号線 網走方面
国道273号線 終点≪紋別市≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加