北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道274号線(下り線) National Highway Route 274
国道274号線は、札幌市から標茶町までに至る北海道内で最も長い国道です。
札幌市から清水町までは、道央と道東を結ぶ大動脈として交通量も多くなっていますが、清水から東は国道38号線の迂回路線と して脇役になっています。白糠町から釧路市までの一部に未開通区間があります。

札幌から日高までの区間は、北海道の東西を分断する日高山脈の西側に位置しています。 札幌から夕張までは、のどかな風景を見ながら走る区間となっていますが、夕張からは山道となります。 急勾配区間は、登坂車線が完備され走りやすくなっていますが、全体的に道は狭く、見通しの悪いカーブが連続しています。 特に冬道は、路面状況が頻繁に変わるため、走行には注意が必要です。
パーキングエリアは、峠越えのためのチェーン装着場をはじめ、道の駅や大型のパーキングエリアが比較的短い間隔で 存在しますので、休憩に困ることはありません。対向車線側へのパーキングエリアの標識も多くありますが、走行車線側 だけでも、パーキングエリアは十分にありますので、わざわざ対向車線側のパーキングエリアを利用する必要はありません。
日高から清水までの区間は、国道274号線で最大の難所である日勝峠の区間となります。
最近は道東自動車道の開通で、この難関峠を越えずに、東側へ抜ける事ができるようになりましたが、標高1,000メートルを 超える日勝峠の山頂付近から眺める景色は雄大です。
日勝峠の日高側は、穏やかな上り坂が続く道で少しずつ山道を登っていきますが、清水側は急勾配が続く道となり、一気に山道を 駆けおります。
日勝峠は道幅が狭くカーブも多くなっていますが、トンネルや橋梁の建設で少しずつ走りやすくなっています。 この区間のパーキングエリアは山麓にそれぞれチェーン装着場と山頂に展望駐車場がありますが、それ以外はあまり設置されて いません。
■総延長距離:365.8km
■起点:札幌市
■終点:標茶町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道274号線 起点≪札幌市≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道231号線 留萌方面 国道274号線 標茶方面 国道5号線 札幌方面 →
国道274号線は札幌新道を札樽自動車道と並行しながら東へ向かい、やがて夕張方面との道道と分岐すると一車線になり、 長い直線区間に入ります。その途中に江別方面から国道337号線と合流します。
34km
分岐点 起点より34km付近
← 国道337号線 江別方面 国道274号線 標茶方面
江別方面への国道337号線と合流し、約4km重複して走ります。道の駅手前の交差点で国道337号線は、 千歳方面へと分岐していきます。
4km
分岐点 起点より38km付近
国道274号線 標茶方面 国道337号線 千歳方面 →
国道337号線を右手に見送った後、すぐに右手に道の駅「マオイの丘公園」の入り口です。
右折車線もあるため、札幌方面から来る場合もスムーズに入ることができます。 ただし、交通量が多いため、道の駅から、日高方面へ向かう際は、慎重に右折する必要があります。
1km
道の駅 「マオイの丘公園」
1
路線名国道274号線 起点より39km付近
所在地長沼町幌内
位置右側(対向車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅からは、アップダウンもある道になります。カーブはきつくないですが、スピードを出しやすい道なので 注意が必要です。約6km走ると国道234号線との分岐点です。
6km
分岐点 起点より45km付近
← 国道234号線 岩見沢方面 国道274号線 標茶方面 国道234号線 苫小牧方面 →
再び、長い直線区間になります。ここらには走行車線側に停車できる場所はありません。 川端の交差点を過ぎると山間の道に変わります。川端交差点から約1km走ると右側にパーキングエリアが あります。
11km
分離帯付待避帯
2
路線名国道274号線 起点より56km付近
所在地由仁町川端
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
ここらあたりは、数kmおきにパーキングエリアがあります。 山間の狭い道を橋を繰り返し渡りながら、JR石勝線と並走します。JR滝ノ上駅付近に次のパーキングエリアがあります。 ここには、トイレや売店があります。
6km
パーキングエリア
3
路線名国道274号線 起点より62km付近
所在地夕張市滝ノ上
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
さらに山間を進み、道東自動車道夕張インターの交差点を過ぎると、次のパーキングエリアが右手に見えてきます。 夕張から山間部を回避するため、高速道路を利用する人が増えることでしょう。
6km
パーキングエリア
4
路線名国道274号線 起点より68km付近
所在地夕張市紅葉山
位置右側(対向車線側)
規模30台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
すぐに新夕張(紅葉山)に入ります。ここに道の駅「夕張メロード」があります。国道沿いではなく少し奥まったところにありますが、 標識があるので迷わず入ることができます。 この道の駅は2011年6月にオープンしたばかりの新しい道の駅です。
1km
道の駅 「夕張メロード」
5
路線名国道274号線 起点より69km付近
所在地夕張市紅葉山
位置左側(走行車線側)
規模30台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅を出て、市街地の終わり付近に国道452号線との分岐があります。道なりに右方面へ行くと国道274号線です。 ややカーブがきついので注意が必要です。
1km
分岐点 起点より70km付近
← 国道452号線 芦別方面 国道274号線 標茶方面
約4km走ると少し大きめのパーキングエリアに到着します。ここにはトイレが設置してあります。 このあたりでJR石勝線とは別れを告げ、国道274号線は単独で峠越えを挑むことになります。
4km
パーキングエリア
6
路線名国道274号線 起点より74km付近
所在地夕張市楓
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
JR石勝線の最後の高架下をくぐったあと上り坂になりますがその中腹にあるのが、次のパーキングエリアです。 上り坂途中にあるので、停車する際は、しっかりとブレーキを確認しましょう。
3km
待避帯
7
路線名国道274号線 起点より77km付近
所在地夕張市登川
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
さらに5km走ったところにもう一つ停車帯があります。ここも緊急時の停車スペースとなるでしょう。
5km
待避帯
8
路線名国道274号線 起点より82km付近
所在地むかわ町穂別稲里
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
むかわ町に入り、平取町へ抜ける道道と分岐してすぐのところに停車帯があります。 この先すぐのところにパーキングエリアがあるのに、何故この場所に停車帯があるのかが不思議です。
5km
待避帯
9
路線名国道274号線 起点より87km付近
所在地むかわ町穂別稲里
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
そしてすぐパーキングエリアに到着します。ここは上下線にそれぞれ別のパーキングエリアがあり、 冬季間のチェーン装着所となるため、大型車も停車できる余裕のスペースです。 この先、本格的な山越えになります。
1km
パーキングエリア
10
路線名国道274号線 起点より88km付近
所在地むかわ町穂別稲里
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
トンネルを一つ抜けると穂別ダムが見えます。そのダムを穂別大橋で渡ります。橋を渡りきったところに、 パーキングエリアがあります。 この場所から左折すると、道東自動車道のインターチェンジにつながっています。
2km
分離帯付待避帯
11
路線名国道274号線 起点より90km付近
所在地むかわ町穂別長和
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
山をさらに上り、稲里トンネルを通過し、山をいったん下ります。下り終わり、福山に出ます。 ここにパーキングエリアがあります。向かいにはガソリンスタンドもあります。 この先は10km以上、パーキングエリアはありません。
7km
パーキングエリア
12
路線名国道274号線 起点より97km付近
所在地むかわ町穂別稲福山
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
また山越えです。今度は登坂車線が完備されてスムーズに走れます。長大トンネルをいくつか越え、 山を下ったところに、パーキングエリアがあります。この場所は、左折すると占冠への近道となっており、 交通量の多い場所です。信号もないため右左折には注意が必要です。
13km
パーキングエリア≪名石駐車場≫
13
路線名国道274号線 起点より110km付近
所在地占冠村ニニウ
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
さらにもう一つ山を越えます。 約10km走ると日高町に到着です。国道237号線と交差します。 いよいよこの先が日勝峠です。
10km
分岐点 起点より120km付近
← 国道237号線 旭川方面 国道274号線 標茶方面 国道237号線 日高方面 →
国道237号線との交差点を過ぎるとすぐに道の駅「樹海ロード日高」です。 コンビニエンスストアも併設されており、この先の峠越えの準備ができます。
1km
道の駅 「樹海ロード日高」
14
路線名国道274号線 起点より121km付近
所在地日高町本町東
位置左側(走行車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
日勝峠の日高側は急に勾配がきつくなることもなく、山間をだらだら登っていきます。 キロポスト122キロ付近にオービスがあります。 山間の景色を楽しみながら約13km走るとパーキングエリアに到着です。
13km
分離帯付待避帯
15
路線名国道274号線 起点より134km付近
所在地日高町千栄
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
覆道やトンネルを抜けながら沙流川沿いに登っていきます。 狭い曲がりくねった道をいくつか、トンネルに切り替えているため、走りやすくなっています。 嶺雲大橋手前右側にパーキングエリアがありますが、カーブの途中で見通しが悪いため、清水方面からの右折は注意が必要です。
11km
分離帯付待避帯
16
路線名国道274号線 起点より145km付近
所在地日高町千栄
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠の登り途中、上下線が分離帯で分離された場所の途中にパーキングエリアがあります。 ここのパーキングエリアは大きく50台以上の駐車可能です。
2km
パーキングエリア
17
路線名国道274号線 起点より147km付近
所在地日高町千栄
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に3キロ進むとパーキングエリアがあります。 右側にあるパーキングエリアですが、交通量が多く右折は危険なので利用はお勧めできません。
3km
分離帯付待避帯
18
路線名国道274号線 起点より150km付近
所在地日高町千栄
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
一気に日勝峠の頂上まで行きます。頂上付近のシェルター、トンネルを抜けると清水側の雄大な景色が見えてきます。 右へ左へと曲がりくねりながら少しずつ坂を下ります。 暫くすると日勝峠展望台へ到着します。 ここからの景色は昼も夜もいい眺めです。是非一度お立ち寄りください。
12km
パーキングエリア「日勝峠展望台」
19
路線名国道274号線 起点より162km付近
所在地清水町清水
位置右側(対向車線側)
規模30台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
山を本格的に下ります。日勝峠の清水側は、急勾配になっており、北海道内で唯一非常停止帯が備えられています。
3km
待避帯
20
路線名国道274号線 起点より165km付近
所在地清水町清水
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に3キロ下るとパーキングエリアです。 ここは、展望台にもなっており、売店やトイレなどもあります。
3km
パーキングエリア
21
路線名国道274号線 起点より168km付近
所在地清水町清水
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に山を下るとパーキングエリアがあります。 ここは日勝峠のチェーン装着場を兼ねたパーキングエリアです。
4km
パーキングエリア
22
路線名国道274号線 起点より172km付近
所在地清水町清水
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
緩やかな下り線の途中に道東自動車道に十勝清水ICがあります。 さらに、JR根室本線を跨線橋でくぐると、国道38号線との交差点へ到着します。
2km
分岐点 起点より174km付近
← 国道38号線 滝川方面 国道274号線 標茶方面 国道38号線 釧路方面 →
国道38号線交差点からは、今までの大幹線とは変わって閑散とした国道へと変わります。 ここからの国道274号線は、国道38号線のバイパス路線として更に内陸を東へ向かいます。 約7キロでパーキングエリアです。小高い丘の上にあるこのパーキングは、十勝平野を一望できるパーキングエリアです。
7km
パーキングエリア「美蔓パノラマパーク」
23
路線名国道274号線 起点より184km付近
所在地清水町美蔓
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
丘を越えると鹿追町に入ります。 約4キロでパーキングエリアです。
4km
パーキングエリア
24
路線名国道274号線 起点より188km付近
所在地鹿追町美蔓西
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
山道を終え、音更町に向かう道道と交差します。交差点を過ぎるとパーキングエリアです。 この先平野部を走ることになります。
4km
パーキングエリア
25
路線名国道274号線 起点より191km付近
所在地鹿追町鹿追基線
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
直線道路を走ります。 約2キロで道の駅です。
2km
道の駅 「しかおい」
26
路線名国道274号線 起点より193km付近
所在地鹿追町東町
位置左側(走行車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
平野部を走ります。 直線道路が続き走りやすい路線です。
2km
待避帯
27
路線名国道274号線 起点より195km付近
所在地鹿追町鹿追北
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
直角に曲がる交差点が続きます。 直進すると然別湖方面へ抜ける道道と交差します。 然別湖は山の中にある美しい湖です。
8km
道の駅 「うりまく」
28
路線名国道274号線 起点より203km付近
所在地鹿追町瓜幕西
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
次のパーキングエリアには、トイレと休憩所があります。
9km
パーキングエリア
29
路線名国道274号線 起点より212km付近
所在地鹿追町東瓜幕西
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約15キロで国道241号線と合流します。 国道241号線は、帯広と弟子屈を結ぶ国道で、右折すると帯広方面、左折すると重複区間が足寄まで続きます。
15km
分岐点 起点より227km付近
← 国道274号線 標茶方面
← 国道241号線 弟子屈方面
国道241号線 帯広方面 →
足寄までの区間、国道241号線と重複区間となります。 約5キロ走行するとパーキングエリアです。
5km
待避帯
30
路線名国道274号線 起点より232km付近
所在地士幌町士幌
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
士幌町から上士幌町に入ります。熱気球で有名な上士幌です。 約2キロで国道273号線との分岐点です。 国道273号線は、この先大雪山系を越えてオホーツク海側の紋別まで続く国道です。 北海道の屋根を越える過酷な環境を貫く国道です。
2km
分岐点 起点より234km付近
← 国道273号線 紋別方面 国道274号線 標茶方面
国道241号線 弟子屈方面
この辺りを早朝に走ると朝日に向かって走ることになります。 地平線から登る太陽を眺めることができるポイントです。
12km
待避帯
31
路線名国道274号線 起点より246km付近
所在地上士幌町居辺
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
小高い丘を越えていきます。 そして上士幌町から足寄町へと入ります。 この辺りには、地図にも掲載されているビューポイントです。 連なる山々と何処までも続く地平線が同時に楽しめるポイントです。
3km
パーキングエリア
32
路線名国道274号線 起点より249km付近
所在地足寄町芽登
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
大平原の中を西に向かって走ります。 約5キロで足寄湖の道の駅です。 道の駅の反対側には、足寄湖が広がります。 残念ながら国道から見ることにはできませんが、チーズ工場のある道の駅の駅舎付近からは、 足寄湖を眺めることができます。
5km
道の駅 「足寄湖」
33
路線名国道274号線 起点より254km付近
所在地足寄町中矢
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
一気に坂を下っていきます。 約1キロでチェーン装着場を兼ねたパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
34
路線名国道274号線 起点より255km付近
所在地足寄町中矢
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約8キロ走行すると国道242号線と交差します。 道東の要の場所です。縦断する国道と横断する国道の交差点なので交通量は多くなります。 重複してきた国道241号線ともここでお別れです。
8km
分岐点 起点より263km付近
← 国道241号線 弟子屈方面
← 国道242号線 湧別方面
国道274号線 標茶方面 →
国道242号線 池田方面 →
この先国道242号線と本別まで重複して走ることになります。 やがて道東自動車道の足寄ICが見えてきます。ここから札幌まで高速道路がつながっているのです。 足寄町から本別町に入り、本別市街地の手前にパーキングエリアがあります。
13km
待避帯
35
路線名国道274号線 起点より276km付近
所在地本別町上本別
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
足寄、本別間は交通量も多い区間です。 約1キロで道の駅です。ここの道の駅もかつての駅舎を利用した道の駅となっています。
1km
道の駅 「ステラ★ほんべつ」
36
路線名国道274号線 起点より277km付近
所在地本別町
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで国道242号線とは分岐します。 国道274号線は、今度は国道392号線と重複することになります。
1km
分岐点 起点より278km付近
← 国道274号線 標茶方面
← 国道393号線 釧路方面
国道242号線 池田方面
国道392号線と重複した区間を走ります。 丘を上りますが、そんの頂上付近に本別町を一望できるパーキングエリアがあります。
1km
パーキングエリア
37
路線名国道274号線 起点より279km付近
所在地本別町本別
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
本別町を抜けると浦幌町です。 周りが拓けた場所を走るとパーキングエリアが右側にあります。 直線区間で、速度が出やすい区間なので右折で進入する際には、注意が必要です。
2km
パーキングエリア
38
路線名国道274号線 起点より281km付近
所在地浦幌町貫老路
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
道東自動車道の浦幌インターチェンジの下をくぐります。 この先は、十勝管内と釧路管内の境目にある釧勝峠です。 峠の登り区間の手前にチェーン装着所があります。
12km
パーキングエリア
39
路線名国道274号線 起点より293km付近
所在地浦幌町川上
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
本格的な峠の登り区間となります。 そんなに大きな峠ではありませんが道幅が狭く急カーブが多いため、走行には注意が必要です。 約3キロの登り区間が終わると頂上で、頂上部はトンネルで抜けます。 トンネル通過後にパーキングエリアがあります。
4km
待避帯
40
路線名国道274号線 起点より297km付近
所在地白糠町上茶路
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
今度は峠の下りです。 登りの時と同様、道幅が狭く、急カーブが多いため、注意が必要です。 釧路側には、覆道もあり、更に見通しが悪くなっています。 峠を下りきるとチェーン装着所があります。
11km
パーキングエリア
41
路線名国道274号線 起点より308km付近
所在地白糠町上茶路
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
ここからは、暫くアップダウンと左右にカーブのある道を走ります。 約8キロ走ると、国道274号線が標茶方面と分岐します。
8km
分岐点 起点より316km付近
← 国道274号線 標茶方面 国道392号線 釧路方面
この先未開通区間です。 国道240号線手前で再度開通区間となります。
25km
分岐点 起点より341km付近
← 国道240号線 美幌方面 国道274号線 標茶方面 国道240号線 釧路方面 →
鶴居村を経て標茶町に入ります。 この区間48キロにパーキングエリアはありません。 道幅は狭くアップダウンが多い区間のため、走行には注意が必要です。 釧路湿原の近くを走り、景色の美しい場所があります。 長かった国道274号線の旅もこれで終了です。
48km
分岐点 起点より389km付近
← 国道391号線 小清水方面 国道391号線 釧路方面 →
国道274号線 終点≪標茶町≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加