北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道274号線(上り線) National Highway Route 274
国道274号線は、札幌市から標茶町までに至る北海道内で最も長い国道です。
札幌市から清水町までは、道央と道東を結ぶ大動脈として交通量も多くなっていますが、清水から東は国道38号線の迂回路線と して脇役になっています。白糠町から釧路市までの一部に未開通区間があります。

札幌から日高までの区間は、北海道の東西を分断する日高山脈の西側に位置しています。 札幌から夕張までは、のどかな風景を見ながら走る区間となっていますが、夕張からは山道となります。 急勾配区間は、登坂車線が完備され走りやすくなっていますが、全体的に道は狭く、見通しの悪いカーブが連続しています。 特に冬道は、路面状況が頻繁に変わるため、走行には注意が必要です。
パーキングエリアは、峠越えのためのチェーン装着場をはじめ、道の駅や大型のパーキングエリアが比較的短い間隔で 存在しますので、休憩に困ることはありません。対向車線側へのパーキングエリアの標識も多くありますが、走行車線側 だけでも、パーキングエリアは十分にありますので、わざわざ対向車線側のパーキングエリアを利用する必要はありません。
日高から清水までの区間は、国道274号線で最大の難所である日勝峠の区間となります。
最近は道東自動車道の開通で、この難関峠を越えずに、東側へ抜ける事ができるようになりましたが、標高1,000メートルを 超える日勝峠の山頂付近から眺める景色は雄大です。
日勝峠の日高側は、穏やかな上り坂が続く道で少しずつ山道を登っていきますが、清水側は急勾配が続く道となり、一気に山道を 駆けおります。
日勝峠は道幅が狭くカーブも多くなっていますが、トンネルや橋梁の建設で少しずつ走りやすくなっています。 この区間のパーキングエリアは山麓にそれぞれチェーン装着場と山頂に展望駐車場がありますが、それ以外はあまり設置されて いません。
■総延長距離:365.8km
■起点:札幌市
■終点:標茶町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道274号線 終点≪標茶町≫ End Of The Line
分岐点 起点より389km付近
← 国道391号線 釧路方面 国道274号線 札幌方面 国道391号線 小清水方面 →
標茶町の国道391号線から分岐して、未開通区間も含め北海道一長い国道のスタートです。 遠路はるばる札幌までつながっています。 釧路湿原の北側にある鶴居村を経由して西へ向かいます。 国道240号線と合流するまでの約50キロにパーキングエリアはありません。
48km
分岐点 起点より341km付近
← 国道240号線 釧路方面 国道274号線 札幌方面 国道240号線 美幌方面 →
この先未開通区間です。 国道392号線との合流手前で再開します。
25km
分岐点 起点より316km付近
← 国道274号線 札幌方面
← 国道392号線 本別方面
国道392号線 釧路方面 →
国道392号線と合流すると、釧路地方と十勝地方の境界にあたる釧勝峠を越えるために山道になります。 合流後約8キロでパーキングエリアがあります。 このパーキングエリアは、チェーン装着場となっています。
8km
パーキングエリア
1
路線名国道274号線 起点より308km付近
所在地白糠町上茶路
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
釧勝峠に向けてさらに登り坂は続きます。時より道が狭い覆道もありますので注意が必要です。 右側にパーキングエリアがあります。
11km
待避帯
2
路線名国道274号線 起点より297km付近
所在地白糠町上茶路
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
峠の頂上はトンネルになっています。トンネルを抜けると浦幌町に入ります。 トンネル出口すぐ左側にパーキングエリアがあります。
1km
待避帯
3
路線名国道274号線 起点より296km付近
所在地浦幌町川上
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
ここからは下り坂になります。 約3キロ下ると峠は終わりです。 右側にパーキングエリアがあります。ここは、チェーン装着場です。
3km
パーキングエリア
4
路線名国道274号線 起点より293km付近
所在地浦幌町川上
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を過ぎると見通しの良い開けた道を走ります。 道東自動車道の浦幌インターチェンジを通過すると左側にパーキングエリアがあります。 周りに何もない場所ですので、開放感があります。
12km
パーキングエリア
5
路線名国道274号線 起点より281km付近
所在地浦幌町貫老路
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
まもなく終点です。 本別町に入る前に丘を越えます。 下り坂にパーキングエリアがあります。ここでは本別市街地を展望できます。
2km
パーキングエリア
6
路線名国道274号線 起点より279km付近
所在地本別町本別
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
丘を下ると本別市街です。 ここで国道392号線との重複区間は終了し、国道242号線と合流します。 この先、国道274号線は国道242号線との重複区間となります。
1km
分岐点 起点より278km付近
← 国道242号線 池田方面 国道274号線 札幌方面 →
国道242号線 足寄方面 →
国道242号線と重複区間となります。 約1キロで本別の道の駅です。この道の駅は、旧ちほく高原鉄道の跡を利用しています。 この先、足寄や陸別の道の駅も同様の造りとなっています。
1km
道の駅 「ステラ★ほんべつ」
7
路線名国道274号線 起点より277km付近
所在地本別町
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅を出発してすぐパーキングエリアがあります。
1km
待避帯
8
路線名国道274号線 起点より276km付近
所在地本別町上本別
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
国道242号線とは次の交差点で分岐します。次は国道241号線と重複します。
13km
分岐点 起点より263km付近
← 国道274号線 札幌方面
← 国道241号線 帯広方面
国道242号線 湧別方面
国道241号線 弟子屈方面
この先国道241号線は、国道274号線と重複します。 足寄湖に向かって、国道は登り区間になります。
8km
パーキングエリア
9
路線名国道274号線 起点より255km付近
所在地足寄町中矢
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで道の駅です。 足寄湖を一望できる場所にあります。
1km
道の駅 「足寄湖」
10
路線名国道274号線 起点より254km付近
所在地足寄町中矢
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
大平原の中を西に向かって走ります。 約5キロで次のパーキングエリアです。
5km
パーキングエリア
11
路線名国道274号線 起点より249km付近
所在地足寄町芽登
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
直線区間が多く走りやすい国道です。 スピードに注意が必要です。 足寄町を抜けて上士幌町に入ります。
3km
待避帯
12
路線名国道274号線 起点より246km付近
所在地上士幌町居辺
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約12キロ走行すると国道273号線と分岐します。 国道273号線は、上士幌を起点として、三国峠、浮島峠を越え、オホーツク海側の紋別までの国道です。
12km
分岐点 起点より234km付近
国道241号線 帯広方面
国道274号線 札幌方面
国道273号線 紋別方面 →
上士幌の大自然の中を走ります。 上士幌町から士幌町へと変わります。 約2キロで次のパーキングエリアです。
2km
待避帯
13
路線名国道274号線 起点より232km付近
所在地士幌町士幌
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
長く続いた国道241号線との重複区間でしたが、士幌町で分岐となります。 国道274号線は、更に西へと向かい、清水へと向かいます。 国道241号線は南下し、帯広へ向かいます。
5km
分岐点 起点より227km付近
国道241号線 帯広方面 国道274号線 札幌方面 →
ここから国道274号線単独区間となります。 約15キロでパーキングエリアです。トイレと休憩所が設置されているパーキングエリアです。
15km
パーキングエリア
14
路線名国道274号線 起点より212km付近
所在地鹿追町東瓜幕西
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
山道を越えます。 山道が終わると道の駅です。
9km
道の駅 「うりまく」
15
路線名国道274号線 起点より203km付近
所在地鹿追町瓜幕西
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
直角に曲がる交差点が連続します。 一時停止の標識がありますので注意が必要です。
8km
待避帯
16
路線名国道274号線 起点より195km付近
所在地鹿追町鹿追北
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
平野部を走ります。 直線道路が続き走りやすい路線です。 次は道の駅です。
2km
道の駅 「しかおい」
17
路線名国道274号線 起点より193km付近
所在地鹿追町東町
位置右側(対向車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
鹿追町の市街地を過ぎ直線道路を走ります。
2km
パーキングエリア
18
路線名国道274号線 起点より191km付近
所在地鹿追町鹿追基線
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
次のパーキングエリアまで約4キロです。 この先山道を走ることになります。
4km
パーキングエリア
19
路線名国道274号線 起点より188km付近
所在地鹿追町美蔓西
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
鹿追町から清水町に入ります。 景色のよい山道です。山道の下り坂にビューエリアがあります。十勝平野を一望できるパーキングエリアです。
4km
パーキングエリア「美蔓パノラマパーク」
20
路線名国道274号線 起点より184km付近
所在地清水町美蔓
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
丘を下ると間もなく国道38号線と合流します。 この先の国道274号線は、札幌と道東を結ぶ大幹線です。
7km
分岐点 起点より177km付近
← 国道38号線 釧路方面 国道274号線 札幌方面 国道38号線 滝川方面 →
国道38号線との交差点を過ぎると、国道274号線は日勝峠へと向かいます。
道東自動車道「十勝清水IC」を過ぎるあたりまでは、穏やかな登り坂です。 登坂車線手前に、日勝峠へと挑むためのチェーン装着場があります。
2km
パーキングエリア
21
路線名国道274号線 起点より172km付近
所在地清水町清水
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
ここから長い登坂車線が始まります。 登坂車線がはじまってすぐの場所にパーキングエリアがあります。 ここは峠の展望台にもなっています。 右側にあるため、右折には注意が必要です。
4km
パーキングエリア
22
路線名国道274号線 起点より168km付近
所在地清水町清水
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
日勝峠展望台付近まで一気に駆け上ります。 日勝峠の清水側は急勾配の連続で、アクセル全開で登っていきます。
3km
待避帯
23
路線名国道274号線 起点より165km付近
所在地清水町清水
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
さらに登坂車線は続きます。 途中、ヘアピンカーブがありますが見通しは悪くありません。
登坂車線が終了すると日勝峠展望台に到着します。
3km
パーキングエリア「日勝峠展望台」
24
路線名国道274号線 起点より162km付近
所在地清水町清水
位置左側(走行車線側)
規模30台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
展望台を過ぎると再び登坂車線に入ります。 右へ左へとくねくね曲がりながら頂上を目指します。 山頂にあるトンネルを抜け峠の日高側を下りながらシェルターを過ぎると、パーキングエリアがあります。
12km
分離帯付待避帯
25
路線名国道274号線 起点より150km付近
所在地日高町千栄
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
さらに峠の下りを進みます。少し長めの直線の後に急カーブがあるような道が続きます。しかも急な下り坂になっているので しっかり減速してカーブに入るようにしなければなりません。
3km
パーキングエリア
26
路線名国道274号線 起点より147km付近
所在地日高町千栄
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
嶺雲大橋を過ぎると左側にパーキングエリアがあります。
2km
分離帯付待避帯
27
路線名国道274号線 起点より145km付近
所在地日高町千栄
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
さらに10キロ以上、急な下り坂を進みます。 トンネルや覆道をいくつも抜け、急な坂道が終わるとパーキングエリアがあります。
11km
分離帯付待避帯
28
路線名国道274号線 起点より134km付近
所在地日高町千栄
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
小さなパーキングエリアを過ぎると、すぐパーキングエリアがあります。 規模は先ほどのパーキングエリアと同じくらいです。 ここには、対向車線側にもパーキングエリアがありますが、走行車線側に二つあるため、対向車線側のパーキングエリアの 案内はありません。
1km
分離帯付待避帯
29
路線名国道274号線 起点より133km付近
所在地日高町千栄
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
穏やかな下り坂を進むと、またパーキングエリアです。 ここの規模も大きくはありません。
この辺りは、昼間走ると実にいい眺めとなっています。
6km
分離帯付待避帯
30
路線名国道274号線 起点より127km付近
所在地日高町千栄
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
ここまで来ると日勝峠は終わりです。 やがて日高の街が見えてきます。 久しぶりに信号機を見て、交差点を右に曲がると、すぐ右手に道の駅「樹海ロード日高」です。
6km
道の駅 「樹海ロード日高」
31
路線名国道274号線 起点より121km付近
所在地日高町本町東
位置右側(対向車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
市街地を進むと国道237号線との交差点です。
1km
分岐点 起点より120km付近
← 国道237号線 日高方面 国道274号線 札幌方面 国道237号線 占冠方面 →
日勝峠を越えたばかりですが、ここから札幌まではいくつかの小さな山を越えていきます。
一つ目の山の登りの前にパーキングエリアがあります。
2km
パーキングエリア
32
路線名国道274号線 起点より118km付近
所在地日高町日高
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
山を越えます。ここは登坂車線が完備されているので走りやすいですが、急カーブが連続しますので、注意が必要です。 下りは対向車線側に登坂車線があり、道幅が広く見えますが、登り同様に急カーブが連続します。 下ったところにパーキングエリアがあります。
8km
パーキングエリア≪名石駐車場≫
33
路線名国道274号線 起点より110km付近
所在地占冠村ニニウ
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
さらにもう一つ山を越えます。ここも登坂車線が完備されているので走りやすくなっています。 下りは対向車線が長い登坂車線となっており、中央分離帯があるため、より道幅が狭く感じます。 頂上付近は、カーブもきつくなっています。 そのカーブの途中にパーキングエリアがあります。入口も出口もカーブの途中で見通しが悪いため、注意が必要です。
8km
分離帯付待避帯
34
路線名国道274号線 起点より102km付近
所在地むかわ町穂別福山
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約5キロほど下ると開けた場所にでます。
ここには、右側にパーキングエリア、左側にガソリンスタンドがあります。
5km
パーキングエリア
35
路線名国道274号線 起点より97km付近
所在地むかわ町穂別稲福山
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
さらにもう一つ小さな山を越えます。 穂別ダムにかかる穂別大橋を渡り、トンネルを抜けると山は終わりです。 ここにチェーン装着場にあたるパーキングエリアがあります。 対向車線側のパーキングエリアが手前にありますが、少し進むと走行車線側にもあります。
9km
パーキングエリア
36
路線名国道274号線 起点より88km付近
所在地むかわ町穂別稲里
位置左側(対走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
ここから夕張までは、アップダウンのある道が続きます。
約7キロ走ると、走行車線側に待避帯があります。
9km
待避帯
37
路線名国道274号線 起点より81km付近
所在地むかわ町穂別稲里
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
2キロ程度走ると少し幅の広いパーキングエリアがあります。
2km
待避帯
38
路線名国道274号線 起点より79km付近
所在地むかわ町穂別稲里
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
少し走ると右側に広いパーキングエリアがあります。 ここにはトイレがあります。 交通量が多い国道のため、パーキングエリアに右折で出入りする際には注意が必要です。
5km
パーキングエリア
39
路線名国道274号線 起点より74km付近
所在地夕張市楓
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
夕張市紅葉山に到着します。ここで国道452号線と交差します。
4km
分岐点 起点より70km付近
国道274号線 札幌方面 国道452号線 芦別方面 →
すぐに先に道の駅「夕張メロード」があります。国道沿いではなく少し奥まったところにありますが、 標識があるので迷わず入ることができます。 この道の駅は2011年6月にオープンしたばかりの新しい道の駅です。
1km
道の駅 「夕張メロード」
40
路線名国道274号線 起点より69km付近
所在地夕張市紅葉山
位置右側(対向車線側)
規模30台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
夕張市紅葉山を抜けると、再びアップダウンに入ります。
少し走ると左側に少し広めのパーキングエリアがあります。
1km
パーキングエリア
41
路線名国道274号線 起点より68km付近
所在地夕張市紅葉山
位置左側(走行車線側)
規模30台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
道東自動車道夕張ICを過ぎ、JR石勝線と並走して走ります。 JR滝ノ上駅を過ぎると右側にパーキングエリアがあります。ここにはトイレなどが設置しています。
6km
パーキングエリア
42
路線名国道274号線 起点より62km付近
所在地夕張市滝ノ上
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
少し深めの山間を走ります。 夕張川にかかる景色のいい雨霧橋を渡り、栗山や由仁に抜ける道道と分岐し、再度夕張川を川端橋でわたると 左側にパーキングエリアです。
6km
分離帯付待避帯
43
路線名国道274号線 起点より56km付近
所在地由仁町川端
位置左側(対走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
川端駅前の交差点を右折するとJR石勝線とは別れ、国道274号線は長い直線区間に入ります。 国道234号線との交差点手前左側にパーキングエリアがあります。
7km
分離帯付待避帯
44
路線名国道274号線 起点より47km付近
所在地由仁町中三川
位置左側(対走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約2キロで、国道234号線との交差点です。 国道234号線を越えたあと、すぐにJR室蘭本線の跨線橋を渡ります。
2km
分岐点 起点より45km付近
← 国道234号線 苫小牧方面 国道274号線 札幌方面 国道234号線 岩見沢方面 →
見晴らしのいい場所を走ります。
約7キロ走ると道の駅「マオイの丘公園」に到着します。
7km
道の駅 「マオイの丘公園」
45
路線名国道274号線 起点より39km付近
所在地長沼町幌内
位置左側(走行車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで国道337号線と合流します。 この先、再び国道337号線と分岐するまでは、国道2784号線と重複区間となります。
1km
分岐点 起点より38km付近
← 国道337号線 千歳方面 国道274号線 札幌方面
千歳方面への国道337号線と合流し約4km重複して走ります。 そして国道337号線は、江別方面へと分岐していきます。
4km
分岐点 起点より34km付近
国道274号線 札幌方面 国道337号線 江別方面 →
長い直線区間が続きます。 用水路沿いに走りますが、この用水路の終わり付近に札幌方面最後のパーキングエリアがあります。 このパーキングエリアを抜けるとすぐに札幌市内に入ります。
5km
分離帯付待避帯
46
路線名国道274号線 起点より29km付近
所在地長沼町西6線南
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
札幌市内の最終区間「札幌新道」に入ると終点はすぐです。 国道274号線の旅も北海道最大の都市札幌で終わりです。 札樽自動車道の高架下を走行し、札幌北IC出口を過ぎるとまもなく終点です。
29km
分岐点 起点より0km付近
← 国道5号線 札幌方面 国道5号線 函館方面 国道231号線 留萌方面 →
国道274号線 起点≪札幌市≫ Starting Point

このエントリーをはてなブックマークに追加