北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道275号線(下り線) National Highway Route 275
国道275号線は札幌市を起点とし、枝幸郡浜頓別町を終点とする国道です。
国道12号線のバイパス線として石狩川を挟んで北に向かう国道275号線は、国道12号線と比較して 信号も少なく、走りやすくなっています。更に北に向かうと国道40号線と合流するため、旭川以北への移動路線 としても使うことができます。
音威子府から更に北上し、浜頓別町までつながっている国道275号線は、未開通区間を除く北海道の国道で 2番目に長い国道になります。

長大国道の割には、パーキングエリアが少ない路線になります。
郊外に入ってもパーキングエリアが少なく、 数十キロパーキングがないことも珍しくありません。 計画を立ててドライブするのが望ましい路線です。
■総延長距離:314.2km
■起点:札幌市
■終点:浜頓別町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道275号線 起点≪札幌市≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
国道275号線 浜頓別方面 国道12号線 旭川方面 →
起点の東橋から4車区間となり、北郷13条通、環状通を交差し、札幌新道である国道274号線と交差します。
4km
分岐点 起点より4km付近
← 国道274号線 札幌方面 国道275号線 浜頓別方面 国道274号線 標茶方面 →
豊平川を越えると江別市に入ります。4車線、中央分離帯付の直線道路が続きます。 走りやすい分、スピードが出やすいので注意が必要です。 石狩川を越える新石狩大橋の手前で国道337号線と交差します。 この国道337号線は、旧道になります。本線はまだ先の合流となります。
13km
分岐点 起点より17km付近
国道275号線 浜頓別方面 国道337号線 江別方面 →
石狩川を越えるとしばらく4車線道路は続きます。 かつて、2車線時代にはここにパーキングがありましたが、4車線化に伴い廃止になりました。 暫く走ると、国道337号線と立体交差します。小樽方面も江別方面もともに右折で進入します。
7km
分岐点 起点より24km付近
国道275号線 浜頓別方面 国道337号線 江別方面 →
国道337号線 小樽方面 →
車線が減少になり当別で右折します。北海道医療大学近辺で4車線に増加しますが、 また2車線に戻ります。 この4車線区間は、速度取締が多いためスピードの出しすぎには注意が必要です。 2車線区間に入ると最初のパーキングエリアがあります。
7km
待避帯
1
路線名国道275号線 起点より31km付近
所在地当別町金沢
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
車線が減少してからは、比較的追越区間が少なくなります。かつては、数十キロにわたって追越禁止区間でしたが、 最近は、追越可能な区間も増加しました。ただ、通行量が多いため、追越には気をつけなければなりません。 月形に入るとパーキングがあります。
9km
待避帯
2
路線名国道275号線 起点より40km付近
所在地月形町月ヶ岡
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
この先は暫くパーキングはなく、JR札沼線と並走します。小さな町をいくつも通過します。 コンビニやドライブインはありますので、休憩することは可能です。 約23キロ走行すると道の駅です。
23km
道の駅 「つるぬま」
3
路線名国道275号線 起点より63km付近
所在地浦臼町キナウスナイ
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に2車線区間は続きます。 直線道路が多く、通行する車の速度は高めになっています。 右側にパーキングエリアがありますが、通行量が多い事と2車線のため、利用はお勧めできません。
7km
待避帯
4
路線名国道275号線 起点より70km付近
所在地新十津川町花月
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
この先は直線区間です。信号機が数キロ間隔であるため、見落としに注意が必要です。 約8キロ走行すると、国道451号線と交差します。この国道451号線はバイパスです。 本線は3キロ先になります。
8km
分岐点 起点より78km付近
国道275号線 浜頓別方面 国道451号線 滝川方面(バイパス) →
この辺りは、は国道12号線と一番近づく場所で約3キロしか離れていません。 国道275号線は新十津川町市街を通過します。左折、右折すると国道451号線の滝川方面へと 分流します。国道275号線は左折します。ここで並走してきたJR札沼線は終点になります。
3km
分岐点 起点より81km付近
← 国道275号線 浜頓別方面
← 国道451号線 石狩方面
国道451号線 滝川方面
ここから約1キロは国道451号線と重複します。やがて国道451号線は右折し、日本海側の浜益へと向かいます。
1km
分岐点 起点より82km付近
← 国道451号線 石狩方面 国道275号線 浜頓別方面
石狩川と並走し見通しの良い道路を走行します。 途中キロポスト85キロ付近にオービスもありますので注意が必要です。 約6キロ走ると左側に道の駅があります。
6km
道の駅 「田園の里うりゅう」
5
路線名国道275号線 起点より88km付近
所在地雨竜町満寿
位置左側(走行車線側)
規模30台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
深川方面の道道と交差し更に北上します。 ここまで来ると交通量も少なくなり、走りやすくなります。 約3キロ走ると右側にパーキングエリアあります。 パーキングエリアというより側道のような場所です。
3km
分離帯付待避帯
6
路線名国道275号線 起点より91km付近
所在地雨竜町洲本
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
更に北上すると北竜町に入ります。 北竜町はひまわりで有名な町です。街路灯もひまわりをモチーフにしたデザインになっています。 市街を抜けると道の駅です。
8km
道の駅 「サンフラワー北竜」
7
路線名国道275号線 起点より99km付近
所在地北竜町板谷
位置左側(走行車線側)
規模110台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
北竜町の北端である碧水で国道233号線と交差します。 国道233号線を越えるとすぐ沼田町です。沼田町は、JR札沼線の終点でしたが、昭和40年代に新十津川まで に短縮されています。 ここまで
2km
分岐点 起点より101km付近
← 国道233号線 留萌方面 国道275号線 浜頓別方面 国道233号線 深川方面 →
この先、深川留萌自動車道と交差し、その後右折します。 更にJR留萌本線をわたり、深川市多度志で道道98号線と別れ左折します。 この先はすでに廃線となったJR深名線と並走します。 国道233号線の交差点から約42キロで暫くぶりのパーキングです。
42km
待避帯
8
路線名国道275号線 起点より143km付近
所在地幌加内町新成生
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
幌加内峠を越えます。新線開通でトンネルになったため、走りやすい峠になりました。 峠を越えると蕎麦で有名な幌加内町です。雪深い場所で街路灯は雪のマークになっています。 辺りは蕎麦畑ばかりで、街中には蕎麦屋がたくさんあります。 幌加内市街を抜けて暫くすると道の駅です。
18km
道の駅 「森と湖の里ほろかない」
9
路線名国道275号線 起点より161km付近
所在地幌加内町政和第一
位置左側(走行車線側)
規模30台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
雨竜川と並行して走り続けると、約5キロで国道239号線と合流します。 国道275号線が本線で、国道239号線が斜めから合流してくる形になります。 国道233号線は日本海側の苫前町につながっています。
5km
分岐点 起点より166km付近
← 国道239号線 苫前方面 国道275号線 浜頓別方面
国道239号線 興部方面
約2キロ国道239号線と重複して走ります。添牛内の市街を抜けると、今度は国道239号線が 本線側、国道275号線が左折する形で分岐します。 国道239号線を直進すると国道40号線沿いの士別市に直結します。
2km
分岐点 起点より168km付近
← 国道275号線 浜頓別方面 国道239号線 興部方面
再びのどかな単調な道を北上します。この辺りは豪雪地帯であるため、路肩の標識も通常より高い位置に 設置しています。 約15キロ走ると、左側にチェーン装着場を兼ねたパーキングエリアがあります。
15km
パーキングエリア
10
路線名国道275号線 起点より183km付近
所在地幌加内町朱鞠内
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に4キロほど走ると左側にパーキングエリアです。 ここは、朱鞠内湖を一望できる展望台にもなっています。 駐車できる台数はあまり多くありませんが、休憩には絶好のポイントです。
4km
パーキングエリア
11
路線名国道275号線 起点より187km付近
所在地幌加内町母子里
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
朱鞠内湖を左手に湖にそって北上します。 いくつか景色の美しいポイントがあります。やがて朱鞠内湖と別れ、美深峠を越えます。 美深峠を越えると長かった幌加内町に別れを告げ、美深町に入ります。峠を降りたところに パーキングエリアです。
24km
パーキングエリア
12
路線名国道275号線 起点より211km付近
所在地美深町泉
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約14キロ走ると美深町です。国道40号線と合流します。 この先国道40号線と重複国道となり、音威子府からさらに北上します。
14km
分岐点 起点より225km付近
← 国道275号線 浜頓別方面
← 国道40号線 稚内方面
国道40号線 旭川方面 →
ここ、美深町から音威子府までは、国道40号線と重複区間となります。
音威子府までの約30キロはひたすら北上します。 美深町市街を抜けると右側に道の駅があります。
8km
道の駅 「びふか」
13
路線名国道275号線 起点より233km付近
所在地中川郡美深町字大手307番地1
位置右側(対向車線側)
規模200台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に北上しますが、パーキングエリアは約10キロありません。 停車できるスペースはいくつかありますが、パーキングの看板がないため、ここでは紹介していません。
9km
待避帯
14
路線名国道275号線 起点より242km付近
所在地美深町楠
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
更に約13キロ北上すると音威子府です。 ここ音威子府で国道40号線と分岐します。分岐点の場所に道の駅があります。 音威子府からは、旧JRの天北線沿いにオホーツク海沿線の浜頓別まで国道275号線は続いています。
13km
道の駅 「おといねっぷ」
15
路線名国道275号線 起点より255km付近
所在地中川郡音威子府村字音威子府155番地
位置右側(対向車線側)
規模20台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
国道40号線と分岐します。
0km
分岐点 起点より255km付近
← 国道40号線 稚内方面 国道275号線 浜頓別方面
ここから終点浜頓別までは、国道275号線単独で走行します。 すでに廃線となったJR天北線沿いを走ります。山の中をオホーツク海に出るまで走行する路線であり、 雄大な景色を楽しみながら走ることができる路線です。 次のパーキングエリアは天北峠のチェーン装着場になっています。
2km
パーキングエリア
16
路線名国道275号線 起点より257km付近
所在地音威子府村音威子府
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
天北峠を越えます。あまり大きい峠ではありませんが、カーブ連続しているため注意が必要です。 峠を降りると中頓別町に入ります。小中別の市街にパーキングエリアがあります。 ここは、天北峠のチェーン装着場となっています。トイレもあります。
12km
パーキングエリア
17
路線名国道275号線 起点より269km付近
所在地中頓別町小頓別
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
広大な原野の中を走ります。 約12キロ走ると道の駅です。 この道の駅は「ピンネシリ」ですが、土地の名前は敏音知です。
12km
道の駅 「ピンネシリ」
18
路線名国道275号線 起点より281km付近
所在地枝幸郡中頓別町字敏音知72番7
位置右側(対向車線側)
規模10台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に原野の中を走ります。走りやすい道なのでスピードが出やすくなります。 走行には注意が必要です。 約12キロ走行するとパーキングエリアがあります。ここのパーキングエリアにもトイレが設置されています。
12km
パーキングエリア
19
路線名国道275号線 起点より293km付近
所在地中頓別町上駒
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約22キロ走行すると道の駅はまとんべつです。
22km
道の駅 「はまとんべつ」
20
路線名国道275号線 起点より315km付近
所在地枝幸郡浜頓別町中央北21番地1
位置左側(走行車線側)
規模20台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロ走行すると終点浜頓別です。ここからはオホーツク海に沿って国道238号線が貫いています。
1km
分岐点 起点より316km付近
← 国道238号線 稚内方面 国道238号線 網走方面
国道275号線 終点≪浜頓別町≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加