北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道275号線(上り線) National Highway Route 275
国道275号線は札幌市を起点とし、枝幸郡浜頓別町を終点とする国道です。
国道12号線のバイパス線として石狩川を挟んで北に向かう国道275号線は、国道12号線と比較して 信号も少なく、走りやすくなっています。更に北に向かうと国道40号線と合流するため、旭川以北への移動路線 としても使うことができます。
音威子府から更に北上し、浜頓別町までつながっている国道275号線は、未開通区間を除く北海道の国道で 2番目に長い国道になります。

長大国道の割には、パーキングエリアが少ない路線になります。
郊外に入ってもパーキングエリアが少なく、 数十キロパーキングがないことも珍しくありません。 計画を立ててドライブするのが望ましい路線です。
■総延長距離:314.2km
■起点:札幌市
■終点:浜頓別町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道275号線 終点≪浜頓別町≫ End Of The Line
分岐点 起点より316km付近
国道275号線 札幌方面 国道238号線 稚内方面 →
オホーツク海の町浜頓別から、札幌方面に向けて国道275号線は走っています。 約1キロ走行すると道の駅です。
1km
道の駅 「はまとんべつ」
1
路線名国道275号線 起点より315km付近
所在地枝幸郡浜頓別町中央北21番地1
位置右側(対向車線側)
規模20台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
ここから音威子府までの区間は、山間部を走行します。 約22キロ走ると最初のパーキングエリアがあります。
22km
パーキングエリア
2
路線名国道275号線 起点より293km付近
所在地中頓別町上駒
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
北海道らしい大自然の中を走行します。 原野の中に道の駅があります。 この道の駅の名称は「ピンネシリ」ですが、このあたりの地名は、「敏音知」です。 旧国鉄天北線敏音知駅の辺りに設置された道の駅です。
12km
道の駅 「ピンネシリ」
3
路線名国道275号線 起点より281km付近
所在地枝幸郡中頓別町字敏音知72番7
位置左側(走行車線側)
規模10台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に12キロ走行します。 ここのパーキングエリアは、この先の天北峠へのチェーン装着場となっています。 このパーキングエリアにはトイレが設置してあります。
12km
パーキングエリア
4
路線名国道275号線 起点より269km付近
所在地中頓別町小頓別
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
天北峠を越えます。天北峠の上り線は登坂車線があります。 そんなに大きな峠ではありませんが、急カーブが多いため、走行には注意が必要です。 峠を降りてほどなく走ると、国道40号線と合流します。
14km
分岐点 起点より255km付近
← 国道40号線 旭川方面
← 国道275号線 札幌方面
国道40号線 稚内方面 →
国道40号線との合流地点に道の駅があります。 この道の駅の駐車場は、国道275号線上り線、天北峠のチェーン装着場にもなっています。
0km
道の駅 「おといねっぷ」
5
路線名国道275号線 起点より255km付近
所在地中川郡音威子府村字音威子府155番地
位置左側(走行車線側)
規模20台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
ここ音威子府から美深までの区間は、国道40号線と重複国道区間となります。 交通量も国道40号線と合流して多くなりますので、走行に注意が必要です。 約13キロ走行するとパーキングエリアがあります。
13km
待避帯
6
路線名国道275号線 起点より242km付近
所在地美深町楠
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
山の中からだんだん原野に戻ってきます。 やがて市街地に入りますが、その手前に道の駅があります。
9km
道の駅 「びふか」
7
路線名国道275号線 起点より233km付近
所在地中川郡美深町字大手307番地1
位置左側(走行車線側)
規模200台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に南に下ると美深町市街地に入ります。 市街地で国道40号線と分岐します。
8km
分岐点 起点より225km付近
国道40号線 旭川方面 国道275号線 札幌方面 →
美深町から国道275線は、朱鞠内湖畔、幌加内町を経由し札幌へ向かいます。 約230キロも道のりの前半は山道が続きます。 約14キロ走ると、パーキングエリアです。 美深峠越えのためのチェーン装着場になっています。
14km
パーキングエリア
8
路線名国道275号線 起点より211km付近
所在地美深町泉
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
美深峠を登ります。あまり勾配やカーブのきつい峠ではありません。 長い橋を渡ると、左手にパーキングエリアがあります。 ここは美深峠の山頂にあたります。パーキングエリアからは、雄大な景色を見ることができます。
5km
パーキングエリア
9
路線名国道275号線 起点より206km付近
所在地幌加内町母子里
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
ここから下り坂です。 左手には、美深峠からの景色を眺めることができます。 約3キロ走行すると左手にパーキングエリアがあります。
3km
分離帯付待避帯
10
路線名国道275号線 起点より203km付近
所在地幌加内町母子里
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
朱鞠内湖畔を走ります。車窓の右手に朱鞠内湖が暫くの間見ることができます。 右、左へとカーブが続くため、わき見運転には注意が必要です。 またこの区間は、約20キロパーキングエリアがありません。
20km
パーキングエリア
11
路線名国道275号線 起点より183km付近
所在地幌加内町朱鞠内
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
美深峠を下ると原野の中を走ります。 しばらくすると国道239号線と合流します。
15km
分岐点 起点より168km付近
← 国道239号線 興部方面 国道275号線 札幌方面 →
国道239号線 苫前方面 →
約2キロ国道239号線と重複国道となります。添牛内の市街地を抜けると国道239号線と分かれます。
2km
分岐点 起点より166km付近
国道275号線 札幌方面 国道239号線 苫前方面 →
雨竜川に沿って走ります。広大な北海道らしい景色が続きます。 車窓の右手には、日本海側と隔てる山々が連なっています。 少し山道に入ると道の駅があります。
5km
道の駅 「森と湖の里ほろかない」
12
路線名国道275号線 起点より161km付近
所在地幌加内町政和第一
位置右側(対向車線側)
規模30台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に雨竜川に沿って走ります。この辺りは、旧国鉄深名線が並走していた場所であり、 ところどころに鉄橋やトンネルがそのままの姿で残されています。 約20キロパーキングエリアはありません。
18km
待避帯
13
路線名国道275号線 起点より143km付近
所在地幌加内町新成生
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
幌加内峠を越えます。 幌加内峠はかつては国道275号線の難所であり、道幅も狭くカーブも多く勾配もきつい為、 走行しにくい道でした。しかし、トンネルで峠を貫くようになってからは非常に走行しやすくなりました。
24km
分離帯付待避帯
14
路線名国道275号線 起点より119km付近
所在地深川市多度志
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
幌加内峠を越え深川市に入り、更に沼田町に入ります。 JR留萌本線を越え、沼田市街地を過ぎると北竜町です。 h北竜町碧水で国道233号線と交差します。
18km
分岐点 起点より101km付近
← 国道233号線 深川方面 国道275号線 札幌方面 国道233号線 留萌方面 →
国道233号線との交差点を過ぎると約2キロで道の駅です。 道の駅の向かい側に小さなパーキングエリアもあります。
2km
待避帯
15
路線名国道275号線 起点より99km付近
所在地北竜町板谷
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
更に数百メートルですぐに右手に道の駅があります。
0km
道の駅 「サンフラワー北竜」
16
路線名国道275号線 起点より99km付近
所在地北竜町板谷
位置右側(対向車線側)
規模110台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
北竜町を過ぎると雨竜町です。 暑寒別岳が車窓右手に見ることができます。 標高が1,492メートルと高く、夏でも山頂付近は冠雪しています。
8km
分離帯付待避帯
17
路線名国道275号線 起点より91km付近
所在地雨竜町洲本
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
約3キロで道の駅です。 暑寒別岳と辺りの田園の風景が、北海道らしい景色です。
3km
道の駅 「田園の里うりゅう」
18
路線名国道275号線 起点より88km付近
所在地雨竜町満寿
位置右側(対向車線側)
規模30台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
ここからは石狩川と並走します。河川敷沿いを走ります。 やがて浜益方面へと抜ける国道451号線と分岐します。
6km
分岐点 起点より82km付近
国道275号線 札幌方面
国道451号線 滝川方面
国道451号線 石狩方面 →
約1キロは国道451号線と重複しています。 国道451号線は滝川方面と別れていきます。 この辺りは国道12号線と一番近づく場所です。したがって、交通の流れが大きく変わります。
1km
分岐点 起点より81km付近
← 国道451号線 滝川方面 国道275号線 札幌方面
新十津川町からはJR札沼線と並走して札幌まで走ります。 すぐに国道451号線のバイパスと分岐します。滝川方面につながっています。
3km
分岐点 起点より78km付近
国道275号線 札幌方面 国道451号線 滝川方面(バイパス) →
しばらく直線区間が続きます。見通しは悪くありませんが、交通量が多い路線になるため注意が必要です。
8km
待避帯
19
路線名国道275号線 起点より70km付近
所在地新十津川町花月
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
国道275号線の新十津川〜札幌は国道12号線のバイパス路線です。都市部を避けているので、信号も少なく走りやすく なっています。約7キロで道の駅です。
7km
道の駅 「つるぬま」
20
路線名国道275号線 起点より63km付近
所在地浦臼町キナウスナイ
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
約23キロパーキングエリアはありません。交通量が多く、比較的狭い道なので、途中で停車するには危険が 伴います。しばらくは田園風景が続きます。 次のパーキング手前、キロポスト約41キロ付近にオービスがあります。
23km
待避帯
21
路線名国道275号線 起点より40km付近
所在地月形町月ヶ岡
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
札幌方面唯一のオービスを通り過ぎ約7キロ走ると、パーキングエリアがあります。
7km
待避帯
22
路線名国道275号線 起点より33km付近
所在地当別町中小屋
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
北海道医療大学近辺で片側二車線へと変わります。スピード違反の取り締まりも頻繁に行っていますので 走行には注意が必要です。石狩当別で再度一車線に変わり、交差点を左折します。間もなく立体交差で国道337号線と交差します。
7km
分岐点 起点より24km付近
← 国道337号線 江別方面
← 国道337号線 小樽方面
国道275号線 札幌方面
ここからは片側二車線の走りやすい区間となります。 一路札幌を目指して走ります。 石狩川を渡るとすぐ国道337号線が江別方面へ分岐します。
7km
分岐点 起点より17km付近
← 国道337号線 江別方面 国道275号線 札幌方面
江別市内を走行します。角山付近は、石狩川と豊平川の合流地点付近で、辺りに何もありません。 見通しは良いのでスピードが出やすくなるため、注意が必要です。 最後のパーキングエリアが江別市にあります。
7km
分離帯付待避帯
23
路線名国道275号線 起点より10km付近
所在地江別市角山
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
札幌市内に入ります。 豊平川を渡り、札幌新道である国道274号線と交差します。
3km
分岐点 起点より4km付近
← 国道274号線 標茶方面 国道275号線 札幌方面 国道274号線 札幌方面 →
豊平川と再度並走し、国道275線は終点となります。 ここでは国道12号線と交差します。
4km
分岐点 起点より0km付近
← 国道12号線 旭川方面 国道12号線 札幌方面
国道275号線 起点≪札幌市≫ Starting Point

このエントリーをはてなブックマークに追加