北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道276号線(上り線) National Highway Route 276
国道276号線は、江差町を起点として、岩内で日本海を離れ羊蹄山麓の倶知安、京極、喜茂別を経由し、 更に伊達市千歳市を経由して、太平洋側の苫小牧までつながる国道です。
江差町から岩内町までは、国道229号線、共和町から倶知安町までは国道5号線、伊達市から千歳市までは、 国道453号線と重複する区間があります。
見所は、羊蹄山の北側を走るため、その姿を長い区間にわたって眺めることができる事と、北海道の 観光名所の一つである支笏湖の南側を走るコースがある事です。
また、支笏湖から苫小牧までは、林の中を走る区間であるため、紅葉の季節には美しい紅葉のトンネルを 走り抜ける区間となっています。 全線を通して利用することはほとんどありませんが、北海道の自然を満喫できる路線です。

※ここでは国道276号線の0キロポストが設置してある岩内町を起点として紹介しています。
■総延長距離:315.3km
■起点:江差町
■終点:苫小牧市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道276号線 終点≪苫小牧市≫ End Of The Line
分岐点 起点より125km付近
← 国道36号線 室蘭方面 国道276号線 岩内方面 国道36号線 札幌方面 →
苫小牧から片側二車線でスタートした国道276号線は、JR室蘭本線の跨線橋を渡り、支笏湖方面へ向かいます。 苫小牧市街を離れると片側一車線に減少します。 国道453号線との分岐点までは、林の中を走ります。紅葉が綺麗な場所です。
20km
分岐点 起点より105km付近
← 国道276号線 岩内方面
← 国道453号線 伊達方面
国道453号線 札幌方面
ここからは国道453号線と重複区間になります。 今度は支笏湖の南側を進路を西に変えて進みます。 国道と湖の間に木々があり、支笏湖の眺めは北側ほどではありませんが、道幅の広く走りやすい事と、 この辺りは紅葉の時期には、美しい景色を見ることができます。 次のパーキングは美笛峠を越えるためのチェーン装着場を兼ねています。
22km
パーキングエリア
4
路線名国道276号線 起点より83km付近
所在地千歳市美笛
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
美笛峠の登り区間になります。 一気に標高を上げていきます。いままで湖畔を走っていた支笏湖を上空から眺めることができます。 車窓の右側に支笏湖の全景を見渡すことができます。
4km
パーキングエリア
1
路線名国道276号線 起点より79km付近
所在地千歳市美笛
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
美笛峠を越えます。ここからは伊達市です。 かつては大滝村でしたが、市町村合併により伊達市になっています。
6km
パーキングエリア
2
路線名国道276号線 起点より73km付近
所在地伊達市大滝区三階滝町
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
パーキングエリアの真向かいに道の駅があります。
0km
道の駅 「フォーレスト276大滝」
3
路線名国道276号線 起点より73km付近
所在地伊達市大滝区三階滝町
位置左側(走行車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
約2キロ走行すると国道276号線と分岐します。 国道276号線はこの先喜茂別町、倶知安町を抜けて日本海側の岩内町まで続きます。
2km
分岐点 起点より71km付近
← 国道453号線 伊達方面 国道276号線 岩内方面
再び国道276号線単独区間となります。 約8キロでパーキングエリアです。
8km
パーキングエリア
4
路線名国道276号線 起点より63km付近
所在地喜茂別町双葉
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
遠くに山々が聳える車窓が続きます。 ビューポイントにもなっているパーキングエリアがあります。
6km
パーキングエリア
5
路線名国道276号線 起点より57km付近
所在地喜茂別町中里
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
国道230号線との合流地点間際にパーキングエリアがあります。
3km
分離帯付待避帯
6
路線名国道276号線 起点より54km付近
所在地喜茂別町福丘
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
国道230号線と合流します。 国道230号線を左折すると洞爺湖方面へと向かいます。 右折すると中山峠を越えて札幌方面へと向かいます。
3km
分岐点 起点より51km付近
← 国道230号線 せたな方面 国道276号線 岩内方面 →
国道230号線 札幌方面 →
約1キロ国道230号線と重複区間となります。 国道230号線を直進すると札幌方面へ向かいます。 国道276号線は左折して更に西に向かいます。
1km
分岐点 起点より50km付近
← 国道276号線 岩内方面 国道230号線 札幌方面
国道230号線と離れ、再び単独区間となります。 進路を西に向けて走ります。正面にそびえる羊蹄山が出迎えてくれます。 次のパーキングエリアは、羊蹄山のビューポイントにもなっています。
1km
分離帯付待避帯
7
路線名国道276号線 起点より49km付近
所在地喜茂別町相川
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
喜茂別町を抜け、京極町に入ります。国道276号線は、羊蹄山の絶景ポイントがたくさんある国道です。 京極町から倶知安町にかけて羊蹄山の東側から北側を走ります。どの場所でもその雄姿を見ることができます。
6km
待避帯
8
路線名国道276号線 起点より43km付近
所在地京極町更進
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
京極町市街地を抜け、倶知安町に入ります。 羊蹄山の北側を走ります。ここでも羊蹄山の雄姿を眺めることができます。
16km
パーキングエリア
9
路線名国道276号線 起点より27km付近
所在地倶知安町八幡
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
倶知安町市街地で国道393号線と分岐します。 国道393号線は国道5号線のバイパスとしても使用されている国道で、赤井川を経由し小樽まで続いています。
1km
分岐点 起点より26km付近
国道276号線 岩内方面 国道393号線 小樽方面 →
更に約1キロで国道5号線と合流します。この先国道5号線と重複する区間となります。 国道5号線を左折すると、ニセコ、函館方面となります。
1km
分岐点 起点より25km付近
← 国道5号線 函館方面 国道276号線 岩内方面 →
国道5号線 札幌方面 →
この先、共和町の国富交差点までの間は国道5号線と重複します。 倶知安峠を越えるためのパーキングエリアがあります。
2km
パーキングエリア
10
路線名国道276号線 起点より23km付近
所在地倶知安町峠下
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠の山頂付近で共和町へ入ります。 峠の山頂付近にパーキングエリアがあります。 羊蹄山だけでなく、ニセコ連峰も眺めることができるスポットです。
4km
分離帯付待避帯
11
路線名国道276号線 起点より19km付近
所在地共和町ワイス
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
倶知安峠を降りると共和町です。 チェーン着脱場を兼ねたパーキングエリアがあります。
3km
パーキングエリア
12
路線名国道276号線 起点より16km付近
所在地共和町ワイス
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
国富交差点で国道276号線と分岐します。 国道276号線へ進むと日本海側の岩内町に出ることができます。
5km
分岐点 起点より11km付近
← 国道276号線 岩内方面 国道5号線 札幌方面 →
共和町の市街地を走り岩内町に入ります。 岩内町の中心部で国道229号線と合流します。 国道276号線は、この先国道229号線と重複し、江差町が本来の終点となります。
11km
分岐点 起点より0km付近
← 国道229号線 江差方面 国道229号線 余市方面 →
国道276号線 起点≪岩内町≫ Starting Point

このエントリーをはてなブックマークに追加