北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道277号線(下り線) National Highway Route 277
国道277号線は、江差町を起点とし、北海道南部に位置する渡島半島を横断し、太平洋側の八雲町までつながる国道です。
起点の江差町から八雲町熊石までは、日本海側を国道229号線と重複し、その後、単独路線となり、太平洋側まで横断します。
雲石峠を越える路線で、この峠は、狭く勾配やカーブがきついため、走行には注意が必要な路線です。
■総延長距離:61.5km
■起点:江差町
■終点:八雲町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道277号線 起点≪江差町≫ Starting Point
国道228号線から引き続き国道277号線となります。 ここからは国道227号線と国道229号線と重複区間でもあります。 約4キロで道の駅です。
4km
道の駅 「江差」
1
路線名国道277号線 起点より4km付近
所在地江差町字尾山町
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
江差市内を走ります。 約3キロで国道227号線と分岐します。 国道227号線は、函館まで山の中を走る国道です。
3km
分岐点 起点より7km付近
← 国道277号線 八雲方面
← 国道229号線 余市方面
国道227号線 函館方面
国道227号線と分岐すると国道229号線との重複区間となります。 トンネルを抜けアップダウンが続きます。
2km
分離帯付待避帯
2
路線名国道277号線 起点より9km付近
所在地乙部町元和
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
登り区間が続きます。 頂上付近に道の駅があります。道の駅には展望台もあり、景色を眺めることができます。
1km
道の駅 「ルート229元和台」
3
路線名国道277号線 起点より10km付近
所在地乙部町字元和
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
アップダウンの道が続きます。やがて海岸線に出ます。
4km
分離帯付待避帯
4
路線名国道277号線 起点より14km付近
所在地乙部町花磯
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
鮎川海岸を横目に走ります。鮎川海岸は白い砂浜の海岸です。 浅瀬ですが、岩場が点在し、貝や魚がいます。 海水浴場ではありませんが、絶景の海岸です。 鮎川海岸を過ぎると国道277号線は分岐します。
11km
分岐点 起点より25km付近
国道229号線 余市方面 国道277号線 八雲方面 →
国道229号線から分岐すると国道277号線は単独区間となります。 約1キロでパーキングエリアです。ここにはトイレが設置してあります。
1km
パーキングエリア
5
路線名国道277号線 起点より26km付近
所在地八雲町熊石鮎川
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
目の前に雲石峠が迫ってきます。 約4キロでパーキングエリアです。ここは雲石峠を越えるためのチェーン装着場を兼ねています。
3km
パーキングエリア
6
路線名国道277号線 起点より29km付近
所在地八雲町熊石大谷
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
雲石峠の登り区間に突入します。 一気に標高を上げていきます。カーブや勾配がきつく走行に注意が必要です。 頂上にはパーキングエリアがあります。
7km
分離帯付待避帯
7
路線名国道277号線 起点より36km付近
所在地八雲町上八雲
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
雲石峠を境に天候が変わる事が良くあります。 一気に峠道を下ります。
4km
パーキングエリア
8
路線名国道277号線 起点より40km付近
所在地八雲町鉛川
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
1キロ先にパーキングエリアがあります。 峠を越えるためのチェーン装着場を兼ねています。
1km
パーキングエリア
9
路線名国道277号線 起点より41km付近
所在地八雲町鉛川
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
道幅は狭いですが平坦な道を走ります。やがて、町が見えてきます。道央自動車道の八雲ICを過ぎると国道5号線と合流します。 約60キロの国道277号線は、終点となります。
20km
分岐点 起点より61km付近
← 国道5号線 札幌方面 国道5号線 函館方面 →
国道277号線 終点≪八雲町≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加