北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道278号線(上り線) National Highway Route 278
国道278号線は、函館を起点として、渡島半島を一周する国道です。起点、終点ともに国道5号線と接続しています。
渡島半島には、道南でも観光名所が多く、つつじで有名な恵山や紅葉や桜で有名な川汲公園、鹿部の間欠泉、森の駒ヶ岳など 見所満載です。
かつては多くの市町村がありましたが、合併により函館市になり、国道278号線を経由する市町村は、函館市、鹿部町、森町 の3つのみです。一部を除き全線海沿いを走ります。津軽海峡を望む函館、恵山のコースは、函館山を背景に海を眺めることが できます。 本州と最も近い岬である汐首岬では、晴れた日には、青森県を望むこともできます。 太平洋側の海沿いは、内浦湾を挟んだ室蘭周辺の景色を遠くに眺める事もできます。
一味違った道南観光を楽しむことができます。
■総延長距離:114.3km
■起点:函館市
■終点:森町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道278号線 終点≪森町≫ End Of The Line
分岐点 起点より114km付近
← 国道5号線 札幌方面 国道278号線 函館方面 国道5号線 函館方面 →
国道278号線は、森町の国道5号線から分岐して渡島半島を一周して函館に向かいます。 JR函館本線と並走しながら、駒ヶ岳の北側を東に向かいます。 約9キロ走行すると道の駅があります。
9km
道の駅 「つど〜る・プラザ・さわら」
1
路線名国道278号線 起点より105km付近
所在地森町砂原
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
片側一車線ですが、道幅の広い国道です。 約2キロでパーキングエリアです。
2km
パーキングエリア
2
路線名国道278号線 起点より103km付近
所在地森町砂原
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
森町から鹿部町に入ります。 進路を南に変えます。 次のパーキングエリアは、鹿部町の観光地の一つである鹿部間欠泉公園です。 パーキングエリアは海のすぐそばにあります。
17km
道の駅 「しかべ間歇泉公園」
3
路線名国道278号線 起点より86km付近
所在地鹿部町鹿部
位置右側(対向車線側)
規模不明
設備 トイレ 休憩所 売店
海沿いを走ります。 渡島半島には、魅力の滝がたくさんあります。 三味線滝もその一つです。新緑や紅葉、氷柱となった滝など四季折々の滝を見ることができます。 鹿部町から函館市に入ります。
4km
分離帯付待避帯
4
路線名国道278号線 起点より82km付近
所在地函館市大岩
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
この先終点まで函館市です。 かつては、市町村が点在していましたが、函館市に合併されています。
1km
分離帯付待避帯
5
路線名国道278号線 起点より81km付近
所在地函館市岩戸町
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
近くに川汲公園があります。紅葉や桜が綺麗な公園です。 途中から新道に入ります。海沿いの道幅が狭い場所と比較して非常に走りやすくなっています。 新道に道の駅があります。
11km
道の駅 「縄文ロマン 南かやべ」
6
路線名国道278号線 起点より70km付近
所在地函館市臼尻町
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
新道は山道を走ります。 しかし道幅も広く、アップダウンも少ないため、走りやすくなっています。 しばらくすると海沿いに戻ります。 しばらくパーキングエリアはありません。 海岸では、サーフィンする人たちを多く見かけます。
24km
パーキングエリア
7
路線名国道278号線 起点より46km付近
所在地函館市絵紙山町
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
一度海沿いの道を離れます。 恵山岬を迂回して山道を抜けるのです。 次のパーキングエリアは山道に備えたチェーン装着場を兼ねています。
4km
パーキングエリア
8
路線名国道278号線 起点より42km付近
所在地函館市高岱町
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
再び海沿いに出ます。 恵山はつつじや桜など道南の観光名所の一つになっています。 恵山には未知の駅があります。海沿いに建てられた道の駅です。
3km
道の駅 「なとわ・えさん」
9
路線名国道278号線 起点より39km付近
所在地函館市日ノ浜町
位置左側(走行車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に海沿いを走ります。 快適な海岸線のドライブを楽しめます。
1km
分離帯付待避帯
10
路線名国道278号線 起点より38km付近
所在地函館市日ノ浜町
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
海沿いの快適なドライブです。 交通量が多く、道幅が狭いため通行には注意が必要です。
4km
分離帯付待避帯
11
路線名国道278号線 起点より34km付近
所在地函館市大澗町
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
本州と最も近い岬です汐首岬を通過します。 この岬には看板も立っており、晴れている日には、遠くに青森県を望むことができます。
16km
分離帯付待避帯
12
路線名国道278号線 起点より18km付近
所在地函館市小安町
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
津軽海峡の向こう側に函館山を望むことができます。 絶景です。
1km
分離帯付待避帯
13
路線名国道278号線 起点より17km付近
所在地函館市小安町
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
津軽海峡沿いを走ります。 集落のある場所は道幅も狭くなっているので走行には注意が必要です。
4km
分離帯付待避帯
14
路線名国道278号線 起点より13km付近
所在地函館市古川
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
函館空港のあたりから片側二車線になります。それに伴い交通量も多くなります。 函館の温泉街である湯の川温泉を過ぎ函館市内へと入ります。 中心部にある函館駅前で国道5号線、国道279号線と合流します。
13km
分岐点 起点より0km付近
← 国道279号線 むつ方面 国道5号線 札幌方面 →
国道278号線 起点≪函館市≫ Starting Point

このエントリーをはてなブックマークに追加