北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道334号線(下り線) National Highway Route 334
国道334号線は、羅臼町を起点として世界遺産の知床峠を越え、斜里町に入ります。 斜里町は知床半島のオホーツク海岸を走り斜里町市街からは、内陸を走り美幌町に至る国道です。
知床峠の雄大な景色や、オホーツク海のダイナミックな風景を車窓に楽しめるドライブコースです。 観光地を多く走る路線のため、観光バスが多いのが特徴です。 知床峠は、冬期間通行止めになり、毎年11月から翌年ゴールデンウィークの頃まで通行止めになります。 夏から秋にかけての限定であるため、一年で半分ほどしか通行できない国道です。
■総延長距離:123.3km
■起点:羅臼町
■終点:美幌町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道334号線 起点≪羅臼町≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
国道334号線 美幌方面
国道334号線の起点は国道335号線の終点でもある羅臼町です。 国道334号線は知床峠へ向かいます。太平洋を背景に山道を登っていきます。 次のパーキングエリアにはトイレがあります。
3km
パーキングエリア
1
路線名国道334号線 起点より3km付近
所在地羅臼町湯ノ沢町
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
標高740メートルの知床峠山頂までパーキングエリアはありません。 強い勾配とカーブが続きます。 知床峠の山頂には、パーキングエリアがあります。 眺めは最高です。
14km
パーキングエリア
2
路線名国道334号線 起点より17km付近
所在地斜里町遠音別村
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
知床峠を下っていきます。 原生林に囲まれた自然豊かなドライブコースです。 知床峠を越えると斜里町ウトロです。 ウトロには道の駅があります。
14km
道の駅 「うとろ・シリエトク」
3
路線名国道334号線 起点より33km付近
所在地斜里町ウトロ西
位置右側(対向車線側)
規模150台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
ウトロを過ぎるとオホーツク海沿いを走ります。 約4キロ走行するとパーキングエリアです。 このパーキングエリアのすぐそばに三段の滝があります。
4km
パーキングエリア
4
路線名国道334号線 起点より37km付近
所在地斜里町ウトロ西
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に3キロ走行するとパーキングエリアです。 ここは、オシンコシンの滝で観光名所となっています。 観光バスも多くやってきます。
3km
パーキングエリア
5
路線名国道334号線 起点より40km付近
所在地斜里町ウトロ西
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に2キロ走行すると次のパーキングエリアです。
2km
分離帯付待避帯
6
路線名国道334号線 起点より42km付近
所在地斜里町真鯉
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
オホーツク海岸沿いを走ります。 冬は流氷を車窓の右手に眺めることができます。 やがて内陸に入り斜里町市街地に入ります。 国道244号線と合流します。
26km
分岐点 起点より68km付近
← 国道244号線 根室方面 国道334号線 美幌方面
国道244号線 網走方面
約2キロの区間、国道244号線と重複区間になります。 その先国道244号線はオホーツク海沿いを網走まで走ります。
2km
分岐点 起点より70km付近
← 国道334号線 美幌方面 国道244号線 網走方面
再び国道334号線は、単独区間に入ります。 約18キロ走行すると小清水町に入り国道391号線と交差します。
18km
分岐点 起点より88km付近
← 国道391号線 釧路方面 国道334号線 美幌方面 国道391号線 小清水方面 →
この先17キロの区間はパーキングエリアはありません。 東藻琴に道の駅があります。 丘陵地帯のアップダウンを繰り返すワインディングロードが続きます。 道東らしい景色が続きます。
17km
道の駅 「ノンキーランドひがしもこと」
7
路線名国道334号線 起点より105km付近
所在地大空町東藻琴
位置右側(対向車線側)
規模不明
設備 トイレ 休憩所 売店
再び丘陵区間を走ります。 アップダウンで見通しの悪くなっている個所もある為、スピードには注意が必要です。 美幌町で国道39号線と合流します。
18km
分岐点 起点より123km付近
← 国道39号線 旭川方面 国道39号線 網走方面 →
国道334号線 終点≪美幌町≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加