北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道393号線(下り線) National Highway Route 393
国道393号線は小樽市から倶知安町まで全長約61キロの国道です。
全線開通したのは2008年と比較的新しい国道で、全通開通後は、国道5号線のバイパス路として活用されています。 途中には、小樽市を一望できるスポットである毛無峠や、スキースノーボードのリゾート地であるキロロリゾート などが有、観光客中心に利用する人が増えています。
赤井川から倶知安まではかつて未開通区間でしたが、開通後は快適に走行できるようになっています。 国道393号線は別名メープル街道とも呼ばれており、秋の紅葉の季節には、美しい紅葉のトンネルを駆け抜ける 路線となっています。
■総延長距離:61.4km
■起点:小樽市
■終点:倶知安町

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道393号線 起点≪小樽市≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道5号線 札幌方面 国道393号線 倶知安方面 国道5号線 函館方面 →
国道393号線は、小樽市を起点としスタートします。片側一車線の狭い道の中、登り坂を登っていきます。 交差点を左折すると本格的に勾配がきつくなり始め、起点から約4キロで最初のパーキングエリアに到着します。
4km
パーキングエリア
1
路線名国道393号線 起点より4km付近
所在地小樽市奥沢
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
この先約5キロの区間は毛無峠への登りです。 ヘアピンカーブが連続します。冬期間は、滑りやすい路面の上、見通しが悪く、天候が悪ければ、更に環境は 悪化します。ヘアピンカーブの多くには中央分離帯が設置されていますが、逆に道幅をせまく感じさせるため、 十分に注意して登ります。 登りきるとパーキングエリアです。毛無峠の展望台にもなっており、小樽市を一望できます。小樽市の 夜景のスポットでもあります。
5km
パーキングエリア
2
路線名国道393号線 起点より9km付近
所在地小樽市天神
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
毛無峠の頂上はまだ先です。 約1キロで次のパーキングエリアです。 小さいパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
3
路線名国道393号線 起点より10km付近
所在地小樽市朝里川温泉
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約24キロパーキングはありません。道幅が狭い区間は更に続きます。中央分離帯が設置されています。 雪の多いため、冬期間は道路の両側に雪の壁ができます。また、吹雪く事も少なくなく、見通しが極端に 悪くなる事があるため、走行には注意が必要です。 毛無峠の頂上を越え、更に下っていきます。峠を下ると北海道屈指のリゾート地、キロロです。国道から左折してきます。 更に進むとパーキングエリアがあります。 毛無峠のチェーン装着場になっています。
14km
パーキングエリア
4
路線名国道393号線 起点より24km付近
所在地赤井川村落合
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
国道393号線は別名メープル街道と呼ばれています。 道路わきの看板にもメープル街道を示す看板が立てられています。 国道393号線の赤井川村は、紅葉が綺麗な場所です。秋の紅葉シーズンには、綺麗な紅葉のトンネルを抜ける街道です。 余市方面へ向かう道道36号線と交差します。左折すると国道393号線です。 交差点に道の駅があります。
10km
道の駅 「あかいがわ」
5
路線名国道393号線 起点より34km付近
所在地赤井川村字都
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
交差点を越えるとすぐにパーキングエリアです。 ここから新道に入っていきます。
0km
パーキングエリア
6
路線名国道393号線 起点より34km付近
所在地赤井川村都
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
新道は今までの狭くカーブの多い区間とは変わり、走りやすい区間です。倶知安町との境にある山を越えるため 再び登り区間になります。樺立トンネルで赤井川村から倶知安町に入ります。 トンネルを抜けると下り区間です。 目の前に羊蹄山を眺めながらのドライブです。間もなくすると右手にパーキングエリアがあります。 景色を楽し事の出来るパーキングエリアです。
13km
パーキングエリア
7
路線名国道393号線 起点より47km付近
所在地倶知安町大和
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に下り区間が続きます。 約1キロでパーキングエリアです。 ここはチェーン装着場になっているパーキングエリアです。 国道393号線では最後のパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
8
路線名国道393号線 起点より48km付近
所在地倶知安町大和
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
この先約13キロ走行すると倶知安町の国道276号線と合流します。 羊蹄山、ニセコ連峰が一望できる遮るものが何もないパノラマビューを車窓に楽しめる区間です。 夏だけでなく、晴れていれば冬も北海道らしい広大な景色を楽しむことができます。 しかし、遮るものがないため、冬期間の地吹雪には注意しなければなりません。一瞬で視界を 奪われ、吹きだまりが発生する地吹雪は、危険なのです。
13km
分岐点 起点より61km付近
← 国道276号線 苫小牧方面 国道276号線 岩内方面 →
国道393号線 終点≪倶知安町≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加