北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道39号線(上り線) National Highway Route 39
国道39号線は、道北の主要都市である旭川と道東の網走を結ぶ国道で全長は215キロあります。
途中には観光名所である層雲峡を通り、北海道の屋根と言われる大雪山系にある石北峠を通ります。 かつては、現在の国道333号線を走るルートでしたが石北峠の開通に伴いルート変更しています。
並走するJR石北本線は、途中の北見までと留辺蘂から網走までの間は国道39号線と同じ区間を走ります。

車窓の景色は、層雲峡や大雪湖など美しい景色が多く、季節ごとに移りかわる季節を楽しむ事ができます。 層雲峡は、かつては、美しい景色の中を走りましたが、銀河トンネルの開通により、トンネルで通過することになります。 石北峠の東側は道東らしいどこまでも続く地平線の景色を楽しむ事ができます。 山、湖と北海道の自然を満喫できる路線です。
■総延長距離:215.2km
■起点:旭川市
■終点:網走市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道39号線 終点≪網走市≫ End Of The Line
国道244号線から引き続き国道39号線に入ります。 メイン通りを横切り再度合流する形で、網走駅前を通過します。 約2キロ走行すると国道238号線と分岐します。 片側二車線の道路もここまでです。
2km
分岐点 起点より213km付近
← 国道39号線 旭川方面 国道238号線 稚内方面
網走湖の湖畔を走行します。 夏は緑豊かな自然がいっぱいの区間です。 この先網走湖の湖畔にパーキングエリアがいくつか存在します。
2km
パーキングエリア
1
路線名国道39号線 起点より211km付近
所在地網走市大曲
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロで次のパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
2
路線名国道39号線 起点より210km付近
所在地網走市大曲
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
JR石北本線の網走の次の駅である呼人付近です。 網走湖を一望できるパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
3
路線名国道39号線 起点より209km付近
所在地網走市呼人
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
大空町に入ります。 旧女満別町は空港もある町です。 メルヘンの丘が有名で、次のパーキングエリアはメルヘンの丘を一望できるビュースポットです。 キロポスト約203キロの地点にオービスがあります。
7km
待避帯
4
路線名国道39号線 起点より202km付近
所在地大空町女満別昭和
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
パーキングエリアを出るとすぐに道の駅です。 メルヘンの丘の名前がついた道の駅です。
1km
道の駅 「メルヘンの丘めまんべつ」
5
路線名国道39号線 起点より201km付近
所在地大空町女満別昭和
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
この先北見市まで約30キロの区間、パーキングエリアはありません。 美幌町でいくつかの国道が分岐していきます。
13km
分岐点 起点より188km付近
← 国道334号線 羅臼方面 国道39号線 旭川方面
国道344号線は知床方面に向かう国道です。約2キロで、今度は国道240号線と分岐します。 国道240号線は阿寒、釧路方面へとつながっています。 また、国道240号線から更に国道243号線が分岐し、美幌峠、標茶町方面へと向かいます。
2km
分岐点 起点より186km付近
← 国道240号線 釧路方面 国道39号線 旭川方面
約181キロ地点に登坂車線があります。 北見市に入ると片側二車線に入ります。かつては端野町であったこの場所は、道東の雄大な景色を楽しむことができる区間です。 北見市の手前にパーキングエリアがあります。
12km
パーキングエリア
6
路線名国道39号線 起点より174km付近
所在地北見市端野町緋牛内
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
北見市街に入ると国道333号線と分岐します。 国道333号線は、遠軽町を経由して、上川まで北見峠を通る国道です。 国道39号線のバイパスとなっており、旭川紋別自動車道が開通した事もあり、国道39号線から乗り換える人も増えています。
8km
分岐点 起点より168km付近
国道39号線 旭川方面 国道333号線 上川方面 →
約30キロの区間パーキングエリアはありません。 北見市街を抜け片側二車線の区間が終了すると、ゆずり車線があります。直線道路が続く区間でスピードが出やすくなりますが、 取り締まりも数多く行っているため、走行に注意が必要です。旧留辺蘂町で国道242号線と分岐します。
33km
分岐点 起点より135km付近
← 国道242号線 池田方面 国道39号線 旭川方面
約2キロ国道242号線と重複します。国道242号線は、池田を起点とし陸別を経てこの留辺蘂に入り、遠軽町を通りオホーツク海側の 湧別町につながっている国道です。
2km
分岐点 起点より135km付近
国道39号線 旭川方面 国道242号線 湧別方面 →
国道242号線と分岐すると同時にJR石北本線とも別れます。石北峠を通過する国道39号線は単独区間となります。
6km
待避帯
7
路線名国道39号線 起点より129km付近
所在地北見市留辺蘂町昭栄
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約2キロでパーキングエリアです。この先石北峠を越える区間となります。 1,000メートルを越える峠に挑む準備をするにもちょうどいい場所です。
2km
道の駅 「おんねゆ温泉」
8
路線名国道39号線 起点より127km付近
所在地北見市留辺蘂町松山
位置右側(対向車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
今までの平原の景色も間もなくお別れです。 約6キロでパーキングエリアです。
6km
待避帯
9
路線名国道39号線 起点より121km付近
所在地北見市留辺蘂町大和
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
次のパーキングエリアは石北峠を越えるためのチェーン装着場を兼ねたパーキングエリアです。
1km
パーキングエリア
10
路線名国道39号線 起点より120km付近
所在地北見市留辺蘂町滝の湯
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
小刻みにパーキングエリアがあります。 小休憩を取るにはちょうどいい場所です。
1km
待避帯
11
路線名国道39号線 起点より119km付近
所在地北見市留辺蘂町滝の湯
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に約9キロ走行するとパーキングエリアです。
9km
待避帯
12
路線名国道39号線 起点より110km付近
所在地北見市留辺蘂町滝の湯
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に1キロ先にもう一つパーキングエリアがあります。
1km
待避帯
13
路線名国道39号線 起点より109km付近
所在地北見市留辺蘂町富士見
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
山間の景色に変わります。勾配も登りに変化し、本格的に峠へと入っていきます。 山頂までの道のりは遠いのです。
7km
パーキングエリア
14
路線名国道39号線 起点より102km付近
所在地北見市留辺蘂町富士見
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
同じ場所にもう一か所パーキングエリアがあります。 今度は本線側にあります。
0km
パーキングエリア
15
路線名国道39号線 起点より102km付近
所在地北見市留辺蘂町富士見
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約12キロ上り坂が続きます。 そして登坂車線を過ぎると石北峠の山頂です。 山頂にはパーキングエリアがあります。 かつては売店がありましたが、今は営業していません。
12km
パーキングエリア
16
路線名国道39号線 起点より90km付近
所在地北見市留辺蘂町富士見
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
山頂を境に上川町に入ります。景色も変わります。 急なこう配を約2キロ下るとパーキングエリアです。
2km
パーキングエリア
17
路線名国道39号線 起点より88km付近
所在地上川町層雲峡
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に4キロ下るとパーキングエリアがあります。この辺りはエゾシカの出没も多いため、 秋の夕暮れの走行には注意が必要です。
4km
パーキングエリア
18
路線名国道39号線 起点より84km付近
所在地上川町層雲峡
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
比較的道幅の広い区間を走ります。 かつては道幅も狭く、カーブも多かったのですが、道路の改良により走りやすくなっています。 大雪湖を横目に走り、過ぎると国道273号線と合流します。
7km
分岐点 起点より77km付近
← 国道273号線 上士幌方面 国道39号線 旭川方面
国道273号線 紋別方面
国道273号線と上川町まで重複区間となります。 約2キロでパーキングエリアです。 この辺りは層雲峡の観光地で多くの観光客が一年を通して訪れます。
2km
パーキングエリア
19
路線名国道39号線 起点より75km付近
所在地上川町層雲峡
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
国道39号線の長大トンネル銀河トンネルを越えると層雲峡です。 かつて国道39号線は渓谷の中を走る国道でしたが、土砂崩れなどにより長大トンネルで貫かれることになりました。 走りやすくなりましたが、綺麗な景色を車窓から見ることはできなくなりました。
9km
パーキングエリア
20
路線名国道39号線 起点より66km付近
所在地上川町層雲峡
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
層雲峡温泉街を過ぎると更に下っていきます。 この辺は、紅葉の綺麗な場所で、秋には、路肩に停車して紅葉を撮影する姿が見かけられます。 覆道を何か所もくぐる渓谷の中を走ります。
1km
待避帯
21
路線名国道39号線 起点より65km付近
所在地上川町層雲峡
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
数キロおきにいくつかのパーキングエリアが連続しています。
1km
待避帯
22
路線名国道39号線 起点より64km付近
所在地上川町層雲峡
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
渓谷の区間を抜けるとひた山の中を走ります。 後ろには大雪山系がそびえ立っています。
4km
パーキングエリア
23
路線名国道39号線 起点より60km付近
所在地上川町清川
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
約13キロ走行すると上川町です。国道273号線と分岐します。 国道273号線は、浮島峠を越えて、紋別間で繋がっています。 旭川紋別自動車道ともここで合流します。 しばらく別れていたJR石北本線も上川で再び合流です。
13km
分岐点 起点より47km付近
国道39号線 旭川方面 国道273号線 紋別方面 →
上川からはJR石北本線、旭川紋別自動車道、石狩川と並走します。 穏やかな下り区間が旭川まで続きます。
28km
待避帯
24
路線名国道39号線 起点より19km付近
所在地当麻町伊香牛
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
約5キロ走行すると道の駅です。 片側二車線になり旭川市内に向かいます。
5km
道の駅 「とうま」
25
路線名国道39号線 起点より14km付近
所在地当麻町宇園別
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
当麻町から旭川市内に入ります。 約7キロで国道12号線と分岐します。 この国道12号線は、バイパスです。
7km
分岐点 起点より7km付近
国道39号線 旭川方面 国道12号線 札幌方面
(旭川新道) →
国道12号線との分岐を過ぎると旭川中心部まであと少しです。 旭川中心部で国道39号線は終わり、国道12号線へと続きます。
7km
分岐点 起点より0km付近
国道12号線 札幌方面 国道40号線 稚内方面 →
国道39号線 起点≪旭川市≫ Starting Point

このエントリーをはてなブックマークに追加