北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道40号線(下り線) National Highway Route 40
国道40号線は、道北の主要都市旭川から北上し、北海道最北端である稚内まで結ぶ国道です。 JR宗谷本線と並走する形で北上する国道40号線は、士別市、名寄市、美深町、音威子府村、 幌延町、豊富町といった主要都市を経由しています。
終始アップダウンが少ない路線ですが、比布町と和寒町との間に塩狩峠があります。 そんなに大きな峠ではなく、直線区間が多いため通行は困難ではありません。 また、音威子府村から中川町にかけては、天塩川沿いに山間部を走ります。 トンネルや覆道がいくつか存在し、国道40号線で唯一山並みを走る区間です。 豊富町から北部は、広大なサロベツ原野や、宗谷丘陵の中を走ります。夏は、快適なドライブを 楽しめる区間ですが、冬期間は、吹雪など、見通しが悪くなる事が多く、走行には注意が必要です。
■総延長距離:295.2km
■起点:旭川市
■終点:稚内市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道40号線 起点≪旭川市≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
← 国道12号線 札幌方面 国道40号線 稚内方面 国道39号線 網走方面 →
旭川の中心部、国道12号線の終点では、直進方面に国道39号線、左折すると国道40号線と、それぞれ東と北へ 向かう国道に分岐します。国道40号線は、中心部から北上し、旭川ロータリーを過ぎ、石狩川を渡ります。 片側二車線区間の市街地を走ります。ここまでは国道39号線と並走する形となっています。 やがて、片側一車線に車線が減少します。そして、旭川から比布町へと変わる比布トンネルの手前にパーキングエリアがあります。
11km
パーキングエリア
1
路線名国道40号線 起点より11km付近
所在地旭川市東鷹栖一線
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
比布トンネルを抜け、旭川市から比布町へと入ります。 農村部を走ります。直線区間が多くスピードには注意が必要です。 約2キロでパーキングエリアですが、対向車線にあり、交通量も多い区間なので、利用はお勧めできません。
2km
待避帯
2
路線名国道40号線 起点より13km付近
所在地比布町基線
位置右側(対向車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
約6キロ走行すると今度は、本線側にパーキングエリアがあります。
6km
待避帯
3
路線名国道40号線 起点より19km付近
所在地比布町北一線
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
旭川紋別自動車道の高架下をくぐります。 約7キロでパーキングエリアです。
7km
待避帯
4
路線名国道40号線 起点より26km付近
所在地比布町北12線
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
塩狩峠の登り区間になります。直線区間で山頂まで続いています。 並走するJR宗谷本線は、勾配を避けるため、くねくね曲がっていますが、国道は一直線に頂上まで向かいます。 山頂付近にパーキングエリアがあります。 トイレがあります。
3km
パーキングエリア
5
路線名国道40号線 起点より29km付近
所在地比布町北15線
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を境に和寒町に入ります。 下り坂が続きます。約4キロでパーキングエリアがあります。 大きなパーキングエリアで50台以上駐車できます。
4km
パーキングエリア
6
路線名国道40号線 起点より33km付近
所在地和寒町朝日
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に約2キロでパーキングエリアです。
2km
パーキングエリア
7
路線名国道40号線 起点より35km付近
所在地和寒町三笠
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
道央自動車道和寒IC、和寒町市街地を通過し更に北上します。 和寒町を抜け剣淵町に入ります。 約10キロで道の駅です。
10km
道の駅 「絵本の里けんぶち」
8
路線名国道40号線 起点より45km付近
所在地剣淵町東町
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
剣淵町を北上します。 約4キロで次のパーキングエリアです。
4km
待避帯
9
路線名国道40号線 起点より49km付近
所在地剣淵町藤本町
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
道央自動車道の北の終点、士別剣淵ICを過ぎ士別市街地を走ります。 信号が多く、渋滞することもあります。 士別市内で国道239号線と分岐します。 国道239号線を左折すると霧立峠を越え日本海側の苫前町に出ます。
6km
分岐点 起点より55km付近
← 国道239号線 苫前方面 国道40号線 稚内方面
国道239号線 興部方面
士別市から名寄市までの間、国道239号線と重複区間となります。 幹線道路であるため、交通量が比較的多い区間です。
9km
待避帯
10
路線名国道40号線 起点より64km付近
所在地士別市多寄町
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
士別市を過ぎ名寄市に入ります。 名寄市市街を迂回したいのであれば、名寄美深自動車道があります。 名寄市の西側を走る高規格道路です。 約4キロで道の駅です。
4km
道の駅 「もち米の里☆なよろ」
11
路線名国道40号線 起点より68km付近
所在地名寄市風連町西町
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
道の駅を過ぎると名寄市街地です。 名寄市街地を過ぎたあたりで国道239号線は右に分岐します。 この先国道239号線は、西へ向かいオホーツク海側の興部町に繋がっています。
9km
分岐点 起点より77km付近
国道40号線 稚内方面 国道239号線 興部方面 →
名寄市街地を過ぎると山道を走ります。山道を過ぎると再び視界が開けた場所を走ります。 この辺りはひまわりで有名な場所です。盛夏の風物詩です。 天塩川を渡ると美深市街地です。 美深市街地で国道275号線と合流します。
21km
分岐点 起点より98km付近
← 国道275号線 札幌方面 国道40号線 稚内方面
国道275号線 浜頓別方面
ここ、美深町から音威子府までは、国道275号線と重複区間となります。
音威子府までの約30キロはひたすら北上します。 美深町市街を抜けると右側に道の駅があります。
8km
道の駅 「びふか」
12
路線名国道40号線 起点より106km付近
所在地中川郡美深町字大手307番地1
位置右側(対向車線側)
規模200台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
更に北上しますが、パーキングエリアは約10キロありません。 停車できるスペースはいくつかありますが、パーキングの看板がないため、ここでは紹介していません。
9km
待避帯
13
路線名国道40号線 起点より115km付近
所在地美深町楠
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
更に約13キロ北上すると音威子府です。 ここ音威子府で国道275号線と分岐します。分岐点の場所に道の駅があります。
13km
道の駅 「おといねっぷ」
14
路線名国道40号線 起点より128km付近
所在地中川郡音威子府村字音威子府155番地
位置右側(対向車線側)
規模20台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
国道40号線と分岐します。
0km
分岐点 起点より128km付近
← 国道40号線 稚内方面 国道275号線 浜頓別方面
国道275号線と分岐し、国道40号線は天塩川、宗谷本線と並走して、山間を走ります。 天塩川を挟んで国道40号線と宗谷本線が両岸を走ります。
8km
パーキングエリア
15
路線名国道40号線 起点より136km付近
所在地音威子府村物満
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
約3キロでパーキングエリアです。 この辺りは数キロおきにパーキングエリアが設置されています。 音威子府村から中川町に入ります。
3km
待避帯
16
路線名国道40号線 起点より139km付近
所在地中川町神路
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
山間の道を走ります。覆道が続きます。 天塩川の景色は自然豊かな雰囲気です。
7km
待避帯
17
路線名国道40号線 起点より146km付近
所在地中川町富和
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
山間の中を抜け、進路は西から北へ変わります。 ひらけた場所を走ります。見通しが良くスピードが出しやすいため、注意が必要です。 この区間にオービスがあります。
3km
パーキングエリア
18
路線名国道40号線 起点より149km付近
所在地中川町富和
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
天塩川の河川敷を走ります。 約10キロで道の駅です。
10km
道の駅 「なかがわ」
19
路線名国道40号線 起点より159km付近
所在地中川町字誉
位置左側(走行車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
ひらけた場所を走ります。 単調な道でスピードが出やすく注意が必要です。
9km
待避帯
20
路線名国道40号線 起点より168km付近
所在地中川町国府
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
中川町から天塩町に入ります。 約18キロでパーキングエリアです。
18km
パーキングエリア
21
路線名国道40号線 起点より186km付近
所在地天塩町ウブシ
位置左側(走行車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
幌延町手前で国道232号線と合流します。 国道232号線は日本海岸を走る国道で留萌と稚内を結びます。
7km
分岐点 起点より193km付近
← 国道232号線 留萌方面 国道40号線 稚内方面
国道232号線 稚内方面
国道232号線と稚内まで重複国道となります。 天塩川を渡ると幌延町です。そして北緯45度線を越えることを示す大きい看板が設置しています。 左手にサロベツ原野を見ながら、更に北に進みます。
3km
待避帯
22
路線名国道40号線 起点より196km付近
所在地幌延町幌延
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
幌延町から豊富町に入ります。 次のパーキングエリアは、サロベツ原野の展望台で有名な名山台駐車場です。その手前にパンケ沼方面への看板があります。 サロベツ原野の南端にある沼地で、面積は湖ほどありますが、水深が浅いため、沼となっています。
6km
パーキングエリア≪名山台駐車場≫
23
路線名国道40号線 起点より202km付近
所在地豊富町下沼
位置右側(対向車線側)
規模30台〜40台
設備 トイレ 休憩所 売店
サロベツ原野はどこまでも広がる広大な湿原です。 北海道らしい景色の中をドライブすることができます。
11km
待避帯
24
路線名国道40号線 起点より213km付近
所在地豊富町メナシベツ
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
広大なサロベツ原野は何もありません。360度パノラマです。 そのため、冬は地吹雪で視界を奪われることも良くあります。
9km
分離帯付待避帯
25
路線名国道40号線 起点より222km付近
所在地豊富町上サロベツ
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
更に広大な景色の中を走ります。 幌延と豊富を結ぶ豊富バイパスとの分岐があります。 地吹雪の待避施設としてシェルター付のパーキングエリアがあります。稚内方面の数か所に設置されています。 国道40号線ではここの開源パーキングエリアのみです。
13km
パーキングエリア
26
路線名国道40号線 起点より235km付近
所在地豊富町上サロベツ
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
開源パーキングエリアを過ぎると稚内市です。 間もなく終点となります。約12キロ先にパーキングエリアが設置されています。
12km
パーキングエリア
27
路線名国道40号線 起点より247km付近
所在地稚内市声問
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
稚内市の近くまで来ると片側二車線に車線を広げる工事が行われています。 やがて片側二車線区間に入ると稚内市街です。そして宗谷岬方面へ向かう国道238号線と分岐します。
3km
分岐点 起点より250km付近
国道40号線 稚内方面
国道232号線 稚内方面
国道238号線 網走方面 →
JR宗谷本線と並走し、更に北へ向かい、ラストスパートです。 終点の目の前に道の駅「わっかない」があります。JR稚内駅に併設した道の駅で、 日本最北端の道の駅として、稚内の特産物を買うことができます。 新しい、稚内の観光スポットとなりそうです。
4km
道の駅 「わっかない」
28
路線名国道40号線 起点より254km付近
所在地稚内市開運
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
国道40号線の終点は稚内駅前ですが、国道上は起点です。 同時に重複区間である国道232号線の起点でもあります。
0km
国道40号線 終点≪稚内市≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加