北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加
国道5号線(下り線) National Highway Route 5
国道5号線は、函館市を起点とし、札幌市まで結ぶ大動脈です。 特に函館と長万部の間と、小樽と札幌の間は、大幹線となっています。
函館から札幌に向かう際には、国道230号線を経由する方が近道のため、国道5号線の 長万部から小樽の間は比較的交通量が少なくなっています。
国道5号線は、小樽から余市の間は日本海沿いに、余市から長万部までは、 ニセコや羊蹄山などの景色を楽しむことができます。長万部から函館までは、太平洋 沿いを走るため、山や海など様々な車窓を楽しむことができる国道です。
■総延長距離:282.4km
■起点:函館市
■終点:札幌市

このアイコンは沿線のView Guideにリンクしています。

国道5号線 起点≪函館市≫ Starting Point
分岐点 起点より0km付近
国道5号線 札幌方面 国道278号線 森方面 →
函館駅前から函館市内を走行します。 片側二車線の道路ですが、幹線のため、混雑する事も多数あります。 札幌まで約280キロの道のりです。 約2キロで国道227号線や国道228号線と分岐します。
2km
分岐点 起点より2km付近
← 国道227号線 江差方面
← 国道228号線 松前方面
国道5号線 札幌方面
函館環状線を過ぎると函館新道に入ります。 函館江差自動車道の分岐点でもあります。 函館新道を降りると、パーキングエリアがあります。
16km
パーキングエリア
1
路線名国道5号線 起点より18km付近
所在地七飯町峠下
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロ走行すると道の駅です。 道の駅への入り口は道の駅を過ぎた場所にあります。
1km
道の駅 「なないろ・ななえ」
2
路線名国道5号線 起点より19km付近
所在地七飯町字峠下
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
二車線区間が終わり一旦一車線区間になりますが、登坂車線があります。 この先、二車線区間はしばらくありません。 次のパーキングエリアは大沼公園の途中にあるパーキングエリアで湖を眺めることができるポイントです。
8km
パーキングエリア
3
路線名国道5号線 起点より27km付近
所在地七飯町西大沼
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約1キロですぐにパーキングエリアがあります。 ここは、比較的大きなパーキングエリアで、トイレの設置もあります。
1km
パーキングエリア
4
路線名国道5号線 起点より28km付近
所在地七飯町西大沼
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
森町に入ります。 長い待避帯のパーキングエリアがあります。 この付近にオービスがありますので注意が必要です。
6km
待避帯
5
路線名国道5号線 起点より34km付近
所在地森町駒ヶ岳
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
この区間にオービスがあります。キロポスト約36キロ地点です。 しばらく走ると国道278号線と分岐します。
7km
分岐点 起点より41km付近
国道5号線 札幌方面 国道278号線 函館方面 →
国道278号線を過ぎるとすぐに右側に道の駅があります。この道の駅の裏側はオニウシ公園になっており、森町の桜の名所に なっています。
1km
道の駅 「YOU・遊・もり」
6
路線名国道5号線 起点より42km付近
所在地森町字上台町
位置右側(対向車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
駒ヶ岳を横目に北上します。 約10キロ海岸線を走るとパーキングエリアです。
10km
分離帯付待避帯
7
路線名国道5号線 起点より52km付近
所在地森町本茅部町
位置左側(走行車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
八雲町に入ります。 八雲町付近は、地形の関係で天候がすぐれない事が多い地域ですが、海岸線は綺麗な町です。 このあたりのパーキングエリアは、海岸を見渡せるポイントとなっています。
5km
分離帯付待避帯
8
路線名国道5号線 起点より57km付近
所在地八雲町入沢
位置右側(対向車線側)
規模40台〜50台
設備 トイレ 休憩所 売店
海岸線沿いですが、アップダウンが多く、カーブも多いため、見通しの良い区間ではありません。 走行には注意が必要です。
4km
パーキングエリア
9
路線名国道5号線 起点より61km付近
所在地八雲町東野
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
国道は海岸沿いを走ります。追越車線はありますが、交通量が多いため、流れに沿って走るほうが無難です。
9km
パーキングエリア
10
路線名国道5号線 起点より70km付近
所在地八雲町浜松
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
八雲市街地に入ると二車線区間になります。 約5キロ走ると、国道277号線との分岐します。
5km
分岐点 起点より75km付近
← 国道277号線 江差方面 国道5号線 札幌方面
八雲市街地を抜けると再び一車線区間になります。 比較的直線区間が長い路線となりますが、交通量が多く追越は危険です。 次のパーキングエリアは休憩所が設置してあるパーキングエリアです。 ドライブの一休みにはちょうどよい場所です。
2km
パーキングエリア
11
路線名国道5号線 起点より77km付近
所在地八雲町花浦
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
太平洋を眺めながらのドライブできる区間です。 キロポスト約83キロ付近にオービスがあり、注意が必要です。
8km
分離帯付待避帯
12
路線名国道5号線 起点より85km付近
所在地八雲町黒岩
位置右側(対向車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
長万部町に入ります。 この区間にゆずり車線があります。 見通しが良く直線区間なのでスピードが出やすくなるため、注意が必要です。 次は国道230号線との分岐です。
10km
分岐点 起点より95km付近
← 国道230号線 せたな方面 国道5号線 札幌方面
ここからは国道230号線と重複区間となります。 国道沿いに名物はの「かにめし」の看板が立ち並んでいます。 長万部市内をバイパスで抜けると国道37号線と分岐します。
10km
分岐点 起点より105km付近
国道5号線 札幌方面 国道37号線 室蘭方面 →
国道230号線 札幌方面 →
長万部から国道37号線と分岐すると閑散とした道路になります。 札幌方面には、国道37号線、国道230号線経由が近道になるため、多くの車はそちらに向かうためです。 約9キロでパーキングエリアです。
9km
パーキングエリア
13
路線名国道5号線 起点より116km付近
所在地長万部町知来
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
長万部町から黒松内町に入ります。 海を離れて余市で日本海に出るまで山の中を走行します。 しかし、ニセコや羊蹄山など絶景を楽しめる路線でもあります。
4km
待避帯
14
路線名国道5号線 起点より120km付近
所在地黒松内町歌才
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約10キロで道の駅です。ここからいくつか道の駅が連続します。
10km
道の駅 「くろまつない」
15
路線名国道5号線 起点より130km付近
所在地黒松内町字白井川
位置左側(走行車線側)
規模50台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
黒松内ジャンクションを経由して道央自動車道に接続するための黒松内新道と分岐します。 引き続き山の中を走ります。走行する台数が少なくスピードが出やすい区間なので注意が必要です。
2km
パーキングエリア
16
路線名国道5号線 起点より132km付近
所在地黒松内町白井川
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
目名峠を越えます。 峠の上り坂の途中に小さなパーキングエリアがあります。
2km
待避帯
17
路線名国道5号線 起点より134km付近
所在地黒松内町白井川
位置左側(走行車線側)
規模5台未満
設備 トイレ 休憩所 売店
峠は登坂車線も完備されており走行しやすい環境です。 直線区間が長くスピードが出しやすい道路のため、注意が必要です。
5km
パーキングエリア
18
路線名国道5号線 起点より139km付近
所在地蘭越町田下
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠を越えると蘭越町に入ります。 約5キロ走行すると道の駅です。蘭越町には道の駅が二つあり、一つは日本海側の国道229号線沿いにあります。 こちらが国道5号線沿いの道の駅ですが、規模は比較的小さめです。
5km
道の駅 「らんこし・ふるさとの丘」
19
路線名国道5号線 起点より144km付近
所在地蘭越町字相生
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
この先しばらくパーキングエリアはありません。 アップダウンやカーブが連続する区間を通過します。 やがて羊蹄山が見えるようになります。 羊蹄山を見渡せるビューポイントがパーキングエリアとして設置してあります。
21km
分離帯付待避帯≪羊蹄山ビューポイントパーキング≫
20
路線名国道5号線 起点より165km付近
所在地ニセコ町黒川
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約2キロ先にもう一つの羊蹄山ビューポイントパーキングがあります。 ここでも羊蹄山の雄大な姿を見ることができます。
2km
分離帯付待避帯≪羊蹄山ビューポイントパーキング≫
21
路線名国道5号線 起点より167km付近
所在地ニセコ町宮田
位置右側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
約3キロで道の駅に到着します。 キャンプやアウトドアに出かける人でにぎわう道の駅です。
3km
道の駅 「ニセコビュープラザ」
22
路線名国道5号線 起点より170km付近
所在地ニセコ町字元町
位置右側(対向車線側)
規模100台以上
設備 トイレ 休憩所 売店
倶知安町に入ります。ニセコ連峰へ向かう道へ分岐が続きます。 やがて倶知安市街地に入ります。市街地は片側二車線区間となっています。 倶知安町の北側で国道276号線と分岐します。
12km
分岐点 起点より182km付近
国道5号線 札幌方面
国道276号線 岩内方面
国道276号線 苫小牧方面 →
この先、共和町の国富交差点までの間は国道276号線と重複します。 倶知安峠を越えるためのパーキングエリアがあります。
2km
パーキングエリア
23
路線名国道5号線 起点より184km付近
所在地倶知安町峠下
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
峠の山頂付近で共和町へ入ります。 峠の山頂付近にパーキングエリアがあります。 羊蹄山だけでなく、ニセコ連峰も眺めることができるスポットです。
4km
分離帯付待避帯
24
路線名国道5号線 起点より188km付近
所在地共和町ワイス
位置右側(対向車線側)
規模5台〜10台
設備 トイレ 休憩所 売店
倶知安峠を降りると共和町です。 チェーン着脱場を兼ねたパーキングエリアがあります。
3km
パーキングエリア
25
路線名国道5号線 起点より191km付近
所在地共和町ワイス
位置右側(対向車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
国富交差点で国道276号線と分岐します。 国道276号線へ進むと日本海側の岩内町に出ることができます。
5km
分岐点 起点より196km付近
← 国道276号線 岩内方面 国道5号線 札幌方面 →
国道5号線は更に峠が続きます。次は稲穂峠です。 約5キロ先にパーキングエリアがあります。 ここにはトイレが設置してあります。
5km
パーキングエリア
26
路線名国道5号線 起点より201km付近
所在地共和町国富
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
稲穂峠越えに挑みます。登坂車線が完備されています。頂上付近の稲穂トンネルは狭く、下り坂は右へ左へと カーブが多くなっているため、走行には注意が必要です。
8km
パーキングエリア≪上山道駐車場/大江パーキングエリア≫
27
路線名国道5号線 起点より209km付近
所在地仁木町大江
位置左側(走行車線側)
規模20台〜30台
設備 トイレ 休憩所 売店
稲穂峠を越えると仁木町です。フルーツが盛んな町です。しばらくパーキングエリアはありません。 余市市街に入ると余市駅前で国道229号線と分岐します。
14km
分岐点 起点より223km付近
← 国道229号線 江差方面 国道5号線 札幌方面
再び海岸線に出ます。今度は日本海です。 海岸線を走ります。夏には海水浴客で賑わう蘭島を通過し、小樽に入ります。 小樽市内で国道393号線と分岐します。
22km
分岐点 起点より245km付近
国道5号線 札幌方面 国道393号線 倶知安方面 →
札樽自動車道を横目に小樽市内を走行します。片側二車線の道路ですが、混雑する事もあります。 朝里を過ぎた登り坂付近でパーキングエリアがあります。
6km
分離帯付待避帯
28
路線名国道5号線 起点より251km付近
所在地小樽市朝里
位置左側(走行車線側)
規模10台〜20台
設備 トイレ 休憩所 売店
パーキングエリアは終了となります。張碓を抜け、海岸沿いを走ります。 銭函を過ぎると国道337号線と分岐します。
11km
分岐点 起点より262km付近
← 国道337号線 江別方面 国道5号線 札幌方面
国道337号線との分岐点を過ぎ、キロポスト約263キロ付近にオービスがあります。 札幌市内に入ります。手稲区宮の沢で札幌新道に入ります。札樽自動車道の高架下を走ります。 石狩街道で国道5号線は右折します。
16km
分岐点 起点より278km付近
← 国道231号線 留萌方面 国道274号線 日高方面 国道5号線 札幌方面 →
石狩街道で片側三車線になります。 約4キロ走行すると終点です。
4km
分岐点 起点より282km付近
← 国道12号線 旭川方面 国道12号線 札幌方面 →
国道5号線 終点≪札幌市≫ End Of The Line

このエントリーをはてなブックマークに追加