北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

クッチャロ湖
≪路線≫一般国道238号線/一般国道275号線
≪所在≫浜頓別町
クッチャロ湖 クッチャロ湖は、オホーツク海側の浜頓別町に位置する湖です。日本では北から二番目の緯度に ある湖で、国道238号線から国道275号線へと分岐するとすぐにクッチャロ湖の入り口があります。
大沼と小沼の二つの湖から成り立ち、北オホーツク道立自然公園の中にあります。 面積は16平方キロメートル、周囲の長さは約27キロメートルあります。 最大の深さは浅く3メートル強です。
豊かな自然景観が魅力のクッチャロ湖には、白鳥などの渡り鳥が飛来します。 春と秋の渡り鳥の季節には、白鳥をはじめとして、カモなど多くの渡り鳥がこのクッチャロ湖で 葉根を休めます。天然記念物の鳥も見ることのできる自然豊かな湖です。 大沼の南側には、水鳥観察館やキャンプ場が整備されており、自然と戯れる事ができます。
国内最北のラムサール条約指定にされたクッチャロ湖は、その自然を未来に残すべく清掃活動や、 野鳥保護など様々な取組がなされています。
湖の西側には、サイクリングロードが整備され、大沼から小沼にかけて自然を堪能できます。


☆オリジナル画像販売中☆


12290820

(c)LEPANNEAU - 画像素材 PIXTA -


このエントリーをはてなブックマークに追加