北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

開陽丸
≪路線≫一般国道228号線
≪所在≫江差町
開陽丸 「江戸幕府は国の海防力の強化の必要性を悟り、海軍創設および強力な軍艦の保持を目指し、オランダに 軍艦を発注。1867年開陽丸の引き渡しが完了。 戊辰戦争を経て、新政府軍に譲渡することを拒否し、北へ脱走。蝦夷地へ渡航し、箱館戦争へと至る。 旧幕府軍が箱館および五稜郭を占領すると、松前城を奪取した後、江差へ進軍を開始。 江差を無血占領したのち悲劇が生じる。」 この土地特有のタバ風により風浪に押され座礁。沈没する結果となる。
これが開陽丸の一生です。後に海底から遺留品の引き揚げ作業が行われ、平成2年江差町に史料館として 開陽丸が復元されました。
江差港の一角に停泊する復元された開陽丸は、旧蝦夷地の軍艦として、江差に君臨しています。 歴史の勉強に是非一度、訪れてみてください。


☆オリジナル画像販売中☆


14273937

(c)LEPANNEAU - 画像素材 PIXTA -


このエントリーをはてなブックマークに追加