北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

霧多布湿原
≪路線≫道道123号線
≪所在≫浜中町
霧多布湿原 北海道の東部、浜中町にある霧多布湿原は厚岸道立自然公園の中にある湿原で、3,000ヘクタールを 超える面積を有しています。 日本最大の湿原、釧路湿原、次に大きいサロベツ湿原に次いで、日本で三番目に大きい湿原です。 太平洋に沿って幅9キロ、奥行き3キロの横に長い湿原は現在北海道遺産にも選定されています。
霧多布湿原は春から夏、秋にかけてたくさんの花が咲き乱れる湿原です。そのため花の湿原とも呼ばれるほどです。
太平洋沿いを走る道道123号線なぎさのドライブウェイからは、湿原を上から眺めることができます。 晴れた日には広大な湿原の中央を流れる琵琶瀬川の蛇行する流れが延々と続く光景を見ることができます。 しかし、名前の通り霧が多い地域であるため、霧多布湿原を見渡せる日はそんなに多くありません。


☆オリジナル画像販売中☆


13352506

(c)LEPANNEAU - 画像素材 PIXTA -


このエントリーをはてなブックマークに追加