北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

オトンルイ風力発電所
≪路線≫道道106号線
≪所在≫幌延町
オトンルイ風力発電所 国道232号線から、稚内方面へ道道106号線を北上し、天塩川河口の橋を渡ると大きな風車の大群が見えてきます。 オトンルイ風力発電所です。高さは約100メートル、風車の数は28基、約3キロにわたって一直線に並んでいます。 人工物が何もなく、見渡す限り広い原野の中に、風車が整列している光景は壮観です。

幌延町は一年間季節を問わず、風が強い地域です。そのため、安定した風力発電に適した場所であり、年間 5,000万キロワットの電力をこのオトンルイ発電所で作り出しているのです。 高さがあることで、より安定した電力を作り出すことができる事から、高さも100メートルに届きそうな大きさです。 近くで見ると大きく見えるこの風車も、サロベツ原野の広大さからみれば、ちっぽけな存在です。 北海道の大きさと大自然を感じることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加