ビューガイド View Guide in Hokkaido


支笏湖
≪路線≫一般国道453号線
≪所在≫千歳市
支笏湖 支笏湖は札幌の南部、千歳市に位置するカルデラ湖で、約4万年前に形成されています。
水深は深く、最大で363メートルあり、日本で二番目の深さを誇ります。水深が深いため、 貯水量が多く、面積では日本最大の湖である琵琶湖の10分の1ほどですが、貯水量は 琵琶湖に次いで二番目の多さです。
水深が深い事は、湖面の水温が下がりにくい事にもつながっており、日本最北の不凍湖で あることでも有名です。
また、透明度が高い事でも有名であり、摩周湖、バイカル湖に匹敵する透明度を誇っています。
周囲を山で囲まれた支笏湖はかつては円形をしていましたが、樽前山や、恵庭岳、風不死岳が 噴火を繰り返し現在のような形に至っています。
支笏湖は道央の観光地の一つとして、多くの観光客が訪れます。 周囲を国道453号線、国道276号線が取り囲むようにして走っており、国道からの湖の眺めは、 絶景です。また、温泉や売店、キャンプ場など湖の周囲には、観光施設も多く存在します。 どの方角から湖を眺めても背景には山々が広がり、自然を満喫できる眺めとなっています。 支笏湖は、支笏洞爺国立公園の一部に属しており、夏の新緑、秋の紅葉、冬の白銀の世界と 四季を通じて美しい自然を堪能できます。