北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

旧深名線第三雨竜川橋梁
≪路線≫一般国道275号線
≪所在≫幌加内町
旧深名線第三雨竜川橋梁 深名線は、深川と名寄を幌加内を経由して結ぶ全長121.8キロの長大路線でしたが、沿線の過疎化などを理由に 1995年9月に廃止になっています。雪の多いこの地域には、鉄道は移動手段として欠かせない存在でしたが、 沿線の道路や除雪が整備されバスに代替されたのです。
深名線の名残はところどころにありますが、山の中にある第三雨竜川橋梁もその一つです。
国道275号線、道の駅「森と湖の里ほろかない」にほど近い場所に第三雨竜川橋梁はあります。 雨竜川上流に位置するポン・カムイコタン渓谷に架けられた第三雨竜川橋梁は緑色に塗装された橋梁です。 国道から間近に位置しています。普通の橋梁に見えますが、延長100メートルの橋梁は昭和6年の建設時には、 難工事だった橋梁なのです。
谷や急流により足場の構築が困難であったこの場所では、北海道内で初めてケーブルエレクション工法が採用 された建設現場でもあるのです。そして、若干29歳の技師が最後の作業の途中、雪解け水の激流の中に転落し 命を落としたのです。
若い技師の慰霊と、深名線の貴重な文化遺産として、第三雨竜川橋梁は今でもその姿を変えずに、幌加内町の 山の中にたたずんでいるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加