北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

塩狩峠
≪路線≫一般国道40号線
≪所在≫比布町/和寒町
塩狩峠 道北部に位置する比布町と和寒町の境界にある峠が塩狩峠です。
国道40号線だけでなく、JR宗谷本線、道央自動車道も同じ峠を通過しています。 標高は、263メートルで比較的小さな峠です。しかし、勾配がきつい事で交通の難所と されてきました。しかし、現在の国道は、直線が続く道路に改良され穏やかな峠となっています。
塩狩峠が全国的に有名なのは、三浦綾子著の「塩狩峠」が大ヒットしたからです。この物語は、鉄道事故の 実話をもとに書かれた小説で、明治42年、塩狩峠に差し掛かった旅客列車の客車最後尾の連結器が外れて 客車が暴走する事故が起こった時、車両に乗っていた鉄道院職員が暴走する列車の前に身を挺して暴走を食い止め 乗客の命を守ると引き換えに自らの命を絶った物語です。
現在でも、塩狩峠の頂上付近には、顕彰碑が建立されています。また、作者である三浦綾子の旧宅の一つの 観光地として残されています。
塩狩峠は、道北の桜の名所でもあります。5月下旬、遅咲きの桜前線が日本の縦断を終えようとしている頃、 塩狩峠の桜が見ごろとなります。


☆オリジナル画像販売中☆


10172323

(c)LEPANNEAU - 画像素材 PIXTA -


10172322

(c)LEPANNEAU - 画像素材 PIXTA -


10172321

(c)LEPANNEAU - 画像素材 PIXTA -


10172320

(c)LEPANNEAU - 画像素材 PIXTA -


10172319

(c)LEPANNEAU - 画像素材 PIXTA -


このエントリーをはてなブックマークに追加