北海道パーキングガイド〜北海道のドライブを徹底サポート〜


このエントリーをはてなブックマークに追加

静狩峠
≪路線≫一般国道37号線/一般国道230号線
≪所在≫豊浦町/長万部町
静狩峠 静狩峠は、渡島地方の長万部町と胆振地方の豊浦町の境にある峠です。
断崖絶壁が続くこの峠は、交通の難所としてきました。 函館と札幌を結ぶ交通は、今や静狩峠を越える区間ですが、かつてはこの交通の難所を迂回するため、 長万部より倶知安、小樽回りが使われてきました。
しかし、技術が進歩し、静狩峠が開通すると、交通の動脈は、室蘭、苫小牧経由に変わったのです。 今でも静狩峠は、JR室蘭本線、国道37号線、道央自動車道が貫いていますが、JR室蘭本線は、ほとんどがトンネル区間 です。道央自動車道もかなり内陸を進む形で勾配を避けています。そして急な峠を越える区間を国道37号線が走っているのです。 勾配がきつい分、走行には苦労しますが、その反面、ひらけた場所から見る景色は最高のものです。
静狩峠は、長万部側から来ると急に勾配がきつくなります。一気に峠を駆け登るとその頂上からは、絶景を見ることができます。 遠く、静狩海岸と内浦湾が望める景色なのです。
長万部側から来ると背中の景色になりますが、室蘭方面から来ると峠の下り坂に急に絶景が開けます。
絶景を見れるこの場所は、パーキングエリアにもなっていますので、時間に余裕があれば、車を停車させて、景色を楽しむこともできます。


☆オリジナル画像販売中☆


12617810

(c)LEPANNEAU - 画像素材 PIXTA -


このエントリーをはてなブックマークに追加